ピーマンの育て方

ピーマンの育て方

ピーマンの育て方、種まきから植え付け、たくさん収穫するコツ

ピーマンは、調理にも使いやすく、彩りの良い野菜として知られています。 また、パプリカやシシトウなど色々な植物と仲間でもありますので、ピーマンの育て方を会得すれば、そういった植物の栽培にも応用することができます。 同じナス科の植物というと、ナスやトマトが挙げられますが、南アメリカの熱帯地域を原産とするピーマンは、ナスやトマトと比べても特に高温・乾燥を好みます。 逆を返せば、低温を嫌うということです。
ピーマンの育て方

ピーマンの収穫の目安|若いうちに収穫することで、株を長持ちさせる

■ピーマンは若いうちに収穫することで、株を長持ちさせるピーマンの収穫の目安は、開花後15日?20日ほどです。実の大きさとしては、約7センチほどになりますので、収穫適期を逃さないようにしてください。収穫は、ハサミを使用して行います。へたのすぐ...
ピーマンの育て方

ピーマンの支柱栽培と害虫対策

■ピーマン、トウガラシの支柱栽培ピーマンやトウガラシは、ナス科の野菜であるナスのように、3本仕立てにするのが基本です。この3本仕立てというのは、主枝とすぐ下の脇芽、2本を伸ばす方法で、支柱が必要な、支柱栽培と呼ばれる方法を用います。ピーマン...
ピーマンの育て方

ピーマンの植え付け時期|生育適温は20℃?30℃

ピーマン、トウガラシの育て方のポイントはほとんど変わりません。ピーマンは野菜としてさまざまな調理に使用することができますし、トウガラシは1株でも充分な収穫を得ることができますので、どちらも同時に育てると良いでしょう。■ピーマン、トウガラシの...
ピーマンの育て方

赤ピーマンの収穫方法|収穫までの日数が普通のピーマンの4倍かかる

ピーマンの収穫は、開花後15日?20日頃です。まだ若い緑色の綺麗なうちに収穫することが、美味しいピーマンを収穫するコツです。■ピーマンの収穫と赤ピーマンの収穫ピーマン自体は、未熟果として若いうちに収穫するものですが、そのまま開花後60日ほど...
ピーマンの育て方

ピーマンの連作障害|同じナス科のトマトやじゃがいもとも4年あける

ピーマン、トウガラシは初心者の方でも育てることができます。 その理由の1つとして、病害虫の被害に遭いにくいことが挙げられますが、 ピーマン、トウガラシには連作障害が起こりやすいので、 その点には、十分気をつけなくてはいけません。
ピーマンの育て方

トウガラシの種類|ハバネロよりも辛いジョロキア

トウガラシには、さまざまな種類があるのを御存知ですか?良く、日本の料理では「鷹の爪」と表記されることがありますが、それも、トウガラシの品種の名前なんです。他にも、八房といった品種のトウガラシが人気です。また、ピザやパスタにかけるタバスコ、こ...
ピーマンの育て方

ピーマンとトウガラシの違い|ピーマン、トウガラシの原産地は熱帯アメリカ

ピーマン、トウガラシは食味こそ違うものの、良く似た野菜です。これはもともと、ピーマンはトウガラシのルーツ上につくられた野菜であるからです。同じトウガラシのうち、辛味がほとんどなく、甘味の強いものがピーマンです。逆に、辛味があって、香辛料など...
とうもろこしの育て方

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。
ピーマンの育て方

ピーマンの水やり方法|葉が雨にぬれると病気になりやすい?

ピーマンが病気にならないように水やりを気をつけましょう。ピーマンの葉は水をはじくという特徴があります。ピーマンの葉は雨にぬれると病原菌におかされやすく、病気にかかりやすいのです。そのため水やりも葉にかからないように根もとにたっぷりと与えるようにしてください。
タイトルとURLをコピーしました