オクラの育て方

オクラの育て方

オクラが枯れる失敗をなくそう|とくに気温には注意

夏から秋の終わり頃までも収穫出来るという魅力があるのがオクラです。 最近は、オクラを使ったレシピなども増えてきているので、 食卓にも取り入れやすいですね。
オクラの育て方

オクラの育て方、生育適温と種のまき方そのあとの手入れ

オクラはとても歴史の古い野菜です。その原産地はアフリカの北東部で、エジプトでは紀元前2世紀からすでに栽培されていたといわれています。 オクラには独特のぬめりがあり他の野菜とともに、舌ざわりや歯ざわりを楽しむために利用されたりします。 オクラなどこれらの野菜は健康志向や食生活の多様化から見直され、また、栄養的にも優れていて、消費も増加傾向にあります。 独特の粘り気が良いと評判のオクラの花は、クリーム色のハイビスカスのような花を咲かせるアオイ科の植物です。 マンションのベランダなどでもプランターで育てることが出来、家庭菜園をはじめたばかりの人でも、簡単に育てることが出来るため、近年、とても人気の野菜です。
オクラの育て方

オクラが発芽しない失敗をなくす|発芽率を高めるために、丸1日水に付けておく

オクラは、家庭菜園でも育てることができます。サラダに、スープに、カレーにパスタにと、さまざまな料理と、合わせることができるので、食卓にも重宝します。そんなオクラの栽培ポイントをまとめましたので、紹介させていただきます。■発芽率を高めるために...
オクラの育て方

オクラは花も楽しめる|アオイ科でハイビスカスなどが仲間

オクラは切ると、独特のネバネバが出てくるようになります。このぬるぬるとした汁は、ムチンと呼ばれるもので、胃粘膜の保護や、整腸作用があるので、胃腸の調子が悪い時に、是非、取り入れていただきたい野菜です。ただし、このムチンは水に溶けてしまうとい...
オクラの育て方

オクラの原産地と日本での歴史

真夏でも収穫できるオクラは、和食にも洋食にも合いますし、 サラダとしても取り入れることができ、夏バテ防止にピッタリです。 ツルボケさえ気をつけて育てれば、長く収穫することができるので、 家庭菜園に是非、取り入れてみてください。
オクラの育て方

オクラのプランター栽培|高温性なので10度以下の低温は危険

オクラはプランター栽培も可能な作物です。 また、夏を通り越して秋口まで莢果とよばれる実と、花を、 楽しむことができます。 広い家庭菜園をお持ちの方は勿論のこと、ベランダ菜園をされている方、 庭先で野菜を育てたいと考えている方などにも、お勧めです。
オクラの育て方

オクラの植え方|直播き・ポット苗・プランター

オクラを植え付けする際に好ましい時期は、5月の下旬-6月頭です。 本日は、方法別に詳しいオクラの植え付け方法を紹介します。
オクラの育て方

家庭菜園でオクラを上手に育てるための手入れ方法と害虫防除

オクラの発芽後、1つのくぼみごとに3株程度になるように 間引きした後は、そのまま育てていきます。 茎の節に1つずつ花を咲かせるオクラは、それから、 約1週間-10日ほどで食べごろを迎えます。開花後は良く観察し、 実の部分が7-8センチになったら、ハサミで収穫します。 最初の1個、2個を収穫した後は、追肥をして、 以後、15日に1度くらいのペースで追肥をしていくと良いでしょう。
オクラの育て方

オクラの実を柔らかく育てる方法

オクラは、初心者でも割と簡単に育てることの出来る野菜ですが、 実が硬くなってしまい、食べられなかったという失敗談も 良く耳にします。 オクラは、外側の毛のある部分がさやで、その中には、 小さな種がたくさん詰まっています。これ...
オクラの育て方

家庭菜園でのオクラの育て方|たくさん収穫できる人気の健康野菜

オクラは、近年、パスタなどにも使用され、若い世代の方にも大変好まれている食材の1つとなりました。独特の粘り気が良いと評判のオクラの花は、クリーム色のハイビスカスのような花を咲かせるアオイ科の植物です。英語でも「okra」と呼ばれているオクラ...
タイトルとURLをコピーしました