支柱立て

支柱立て

家庭菜園での支柱の立て方と注意点

キュウリや、サヤインゲンなど、つる性の野菜を育てる時には、つるを誘引することのできる「支柱」を用いて、野菜の管理を行います。この支柱の差し方ですが、地面に差し込む時に根っこを傷つけないよう、苗から少し離して支柱を立てることをお勧めします。苗...
支柱立て

家庭菜園で支柱が必要な野菜|支柱の役割と効果

家庭菜園では、さまざまな道具を用いて野菜を育てていきます。そのうちの1つが支柱です。支柱は、つる性の野菜を誘引して育てることに使われる道具となるので、キュウリや、インゲン、トマトなどに使います。こういった野菜は、草丈が高く伸びてしまうのでス...
家庭菜園栽培の基本

支柱の上手な使い方|資材を使って狭いスペースを有効利用

支柱などの資材を使えば、スイカやメロン、ヘチマなどの果菜類、サツマイモなどのつる性の野菜を、比較的狭いスペースでも育てることが出来ます。どうしてもこれらの野菜を育てたいのに、スペースが足りないという場合は、下記を参考にしてみてください。■行...
家庭菜園の道具

キュウリの支柱の役割|風通しが良くなるなど様々なメリット

キュウリの栽培には、支柱を使うというのが一般的となっていますが、昔の日本では、地べたに這わせるようにして、キュウリを栽培することも、多くあったと言われています。⇒キュウリの栽培特性しかし、地這栽培では、キュウリが曲がりやすくなり、いびつにな...
オクラの育て方

家庭菜園でオクラを上手に育てるための手入れ方法と害虫防除

オクラの発芽後、1つのくぼみごとに3株程度になるように 間引きした後は、そのまま育てていきます。 茎の節に1つずつ花を咲かせるオクラは、それから、 約1週間-10日ほどで食べごろを迎えます。開花後は良く観察し、 実の部分が7-8センチになったら、ハサミで収穫します。 最初の1個、2個を収穫した後は、追肥をして、 以後、15日に1度くらいのペースで追肥をしていくと良いでしょう。
ピーマンの育て方

ピーマンの支柱立て・整枝|生育が旺盛なので適度に芽かきを

ピーマンの1番花より下のわき芽を摘んだら 本支柱を立てます。 長さ1mほどの支柱を立て、側枝の1本と支柱を 8の字にひもで結びます。
キュウリの育て方

キュウリの支柱立てと誘引|おいしいきゅうりの育て方

キュウリを植えつけてから乾燥しすぎてない状態であれば 雨だけでほとんど水をあたえすに育てます 2―3週間ほどでキュウリの苗がよく根付いてきたら 寒冷紗や風除けをはずし、本支柱をたてます 夏には毎年台風や大雨が降りますので 春から初夏の時期にがっしりとした 合掌式の支柱を立てることをおすすめします
ナスの育て方

ナスの仕立て方・誘引|家庭菜園でのナスの育て方

わき芽をとり、側枝の本数や方向を整えることを仕立てるといいます 作物によっていろいろな仕立て方がありますが ナスの場合は2本仕立て、3本仕立てにすることが多いです
家庭菜園栽培の基本

支柱立て|風で倒れたり、折れたりするのを防ぐ

家庭菜園の野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、風で倒れたり折れやすいものが多いです。 トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、葉菜類ではツルムラサキなども支柱が必要です。 支柱...
タイトルとURLをコピーしました