野菜の育て方

キュウリの育て方

きゅうりの育て方、土つくりから定植後の手入れや収穫まで

キュウリは、収穫までの期間が短く、初心者でも育てやすいです。 しかし、美味しいキュウリを育てるためには、病気への対策をとるなど、適切な管理をすることは重要です。 今日は、そんなキュウリの栽培ポイントについてまとめました。 是非、参考にしてみてください。
ナスの育て方

ナスの育て方、種まき、育苗から追肥、支柱立て、たくさん収穫できるコツ

ナスは、食卓にも並べやすく、収穫・食べることが目的となる家庭菜園にはぴったりの野菜だと言えます。 お漬物、お味噌汁、炒めもの、パスタ、麻婆茄子など、和洋中、何にでも合わせられるというのは、主婦にとって嬉しいですよね。 そんなナスを家庭で育てる時のポイントについてまとめました。
ピーマンの育て方

ピーマンの育て方、種まきから植え付け、たくさん収穫するコツ

ピーマンは、調理にも使いやすく、彩りの良い野菜として知られています。 また、パプリカやシシトウなど色々な植物と仲間でもありますので、ピーマンの育て方を会得すれば、そういった植物の栽培にも応用することができます。 同じナス科の植物というと、ナスやトマトが挙げられますが、南アメリカの熱帯地域を原産とするピーマンは、ナスやトマトと比べても特に高温・乾燥を好みます。 逆を返せば、低温を嫌うということです。
白菜の育て方

ハクサイの育て方、しっかり結球した白菜を栽培するには?

ハクサイは英語でチャイニーズキャベツといい、日本には明治初年に導入されました。 中国から各地に導入された種をもとに、宮城、愛知、石川で、それぞれ松島群、野崎群、加賀群という、日本のはくさいを代表する三大品種群がつくり出されました。 そんなハクサイの上手な育て方を紹介します。 
白菜の育て方

ハクサイの収穫時期の目安と寒さ対策、収穫後の貯蔵方法

結球ハクサイは、晩秋頃に大きく育ち、収穫期を迎えます。 元気に育っていたと思われる結球ハクサイでも、株によっては、結球の具合にバラつきが生じますので、目安を参考に、収穫のサインを見逃さないようにします。 
白菜の育て方

ハクサイの種まき、時期と畑の準備と土つくり

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。 見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、収穫に喜びを感じれることと思います。 今回はハクサイの種まきについて紹介します。 
白菜の育て方

ハクサイの結球の条件|白菜が結球しない失敗をなくす

白菜の葉が結球するのは生育がある程度進んでからになります。気温が15~17℃の環境下で外葉が20枚程度になると生理現象で結球をはじめるようになります。 ハクサイの葉に日光が当たると、この植物ホルモンオーキシンは、 葉の表から、裏側へ移動し、葉の裏にある細胞を膨らませます。 そうすると、徐々に内側の葉が立ち上がるようになり、巻き込んだ葉になるのです。 このはたらきにより、充分に葉が重なりあった、ハクサイが完成します。
オクラの育て方

オクラが枯れる失敗をなくそう|とくに気温には注意

夏から秋の終わり頃までも収穫出来るという魅力があるのがオクラです。 最近は、オクラを使ったレシピなども増えてきているので、 食卓にも取り入れやすいですね。
ほうれん草の育て方

ほうれん草の育て方、種まきから収穫までととうだちについて

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種があります。 ホウレンソウは栄養価が高く、特にカロチン、ビタミンC、鉄を豊富に含んでいるので緑黄色野菜の代表的存在です。 ホウレンソウの根の赤い部分には、骨の形成にかかわるマンガンが多く含んでいるので捨てないで下さい。 最近はホウレンソウの東洋種と西洋種の一代雑種がつくられて一年中栽培されるようになり、調理の用途が広がりましたが、ホウレンソウの旬である秋冬どり栽培は、1年でもっとも作りやすい作型です。
サツマイモの育て方

サツマイモの育て方、植え付けから収穫までのおいしくつくるポイント

健康・美容効果も高いサツマイモ。 便秘の解消、コレステロール値の減少、取りにくいミネラル分の摂取、家族の健康・美容のためにも、家庭菜園の一角にサツマイモのスペースを作り、育ててみては、いかがでしょうか? 家庭菜園ならではのサツマイモの味は、美味しいですよ。 そんなサツマイモの育て方のポイントを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました