種まき

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、お互いをかばい合って育っていくため、育ちやすいと言えます...
とうもろこしの育て方

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。
種まき

覆土の厚さとやり方|種によって上手に土のかぶせ方を変えてあげましょう

種まき後は、土を被せて作業を終了することになりますが、 この時の土の被せる厚さは、種の直径に合わせて変化させるのが一般的です。 目安は、種の直径×3倍の厚さとなりますので、種が大きければ大きいほど、 被せる土の量も多くなり、小さければ小さいほど、薄く被せることになります。
家庭菜園栽培の基本

葉菜類の栽培のポイント|白菜やリーフレタスは直播栽培でも育苗栽培でも可能

結球レタスや、ブロッコリー、キャベツなどの葉菜類は、セルトレイや、ビニールポット、育苗箱などを使って育苗した後、定植します。また、タマネギや、ネギなども同様です。ハクサイや、リーフレタスなどは直播栽培、育苗栽培どちらも可能となりますが、ほう...
家庭菜園栽培の基本

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメリットとは・育苗期間中の畑は、自由に使うこ...
家庭菜園栽培の基本

直播したほうがいい野菜|軟弱な野菜や直根性の根菜類

直播栽培は、畑・プランター・コンテナなどの土に直接種を蒔き、 そのまま収穫まで、生育させる栽培方法になります。 栽培期間の短い軟弱な野菜や、ダイコンなどの直根性の根菜類は、 直播栽培であることが絶対条件となります。
家庭菜園栽培の基本

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、 紹介したいと思います。 畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、 蒔く場合などに使われる、基本的な方法となります。
家庭菜園栽培の基本

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは、コンビニなどでも販売されるようになりまし...
種まき

種の発芽に必要な条件|家庭菜園の種まき

野菜を育てる上で、「発芽」という言葉を良く耳にすると思いますが、発芽というのは、どういう事を言うのか、正しく知っている人は少ないと思います。まず、発芽についてですが、多くの人はただ芽が出ることと解釈しますが、具体的には、休眠期だった種が起き...
家庭菜園栽培の基本

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、 そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。 家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、 色々な野菜を育てたいという人も多いため、仕方がありません。 また、1袋に大量に入っている種子袋や、まとめ売りなどもありますので、 残ってしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました