ホーム » 野菜の育て方 » モロヘイヤの育て方

スポンサードリンク

モロヘイヤの育て方カテゴリの記事一覧

モロヘイヤの栽培のポイントと健康的な料理方法

モロヘイヤはとても育てやすい野菜です。
夏の強い日差しや乾燥にも強く、病気や害虫の心配もありません。

モロヘイヤは気温が25℃くらいになった時に苗を定植したいので、
種は4月の中旬にポリポットに蒔きます。

IMG_2505[1].JPG

1つのポットに3?4粒蒔き、定植するまでに1本になるように間引きます。
本場が4?5枚くらいになったら畑に定植します。
モロヘイヤは葉がよく茂るので、株間は30センチ以上あけましょう。

追肥は3週間に1回くらい化成肥料をあげれば十分です。
30センチくらいまで伸びたら先端を摘心すると、
脇芽が伸びて葉が茂るので収量が増えます。

先端から15センチほどの長さを収穫します。
収穫が遅れると葉が固くなってしまうので、
こまめに収穫することをおすすめします。

夏の間はイヤというほど収穫できます。
夏の終りが近づき涼しくなると、黄色い小さな花が咲きます。

この花を見つけたら収穫を終える知らせだと思ってください。
その理由はモロヘイヤの種には毒性があるので、
間違って食べてしまっては大変だからです。

モロヘイヤはカロテン・ビタミンB・カルシウムが豊富な野菜です。
「でも調理法が浮かばない」と言う方は、是非野菜ジュースにして飲んでください。

収穫したモロヘイヤをよく洗って茹でてから、
他の野菜と一緒にミキサーでジュースにします。
モロヘイヤは茹でるとネバネバしますので、
ジュースにするとトロリとした食感になります。

私のおすすめは凍らせたバナナを一緒にミキサーに入れてスムージにします。
栄養価も高く、夏バテ予防にピッタリのジュースができますよ。



スポンサードリンク

モロヘイヤの種とりと注意点|モロヘイヤの実は食べれません

モロヘイヤの実は食べることができませんモロヘイヤは秋になると葉のつけねに 数個...

続きを読む

モロヘイヤ栽培 追肥のやり方 除草対策 収穫方法|おいしいモロヘイヤの育て方

モロヘイヤを間引きした後、1回目の追肥をします。 モロヘイヤの株の間に溝を作り...

続きを読む

モロヘイヤの種まき|モロヘイヤの上手な育て方

モロヘイヤの種まき モロヘイヤの種はうねに2列の溝をつけてまきます。...

続きを読む

モロヘイヤの栽培・育て方|ねばねば成分ムチンの健康野菜

モロヘイヤは、エジプトが原産地といわれるシナノキ科の一年草です。 エジプトが原産...

続きを読む

  • 1

Return to page top