モロヘイヤの栽培・育て方|ねばねば成分ムチンの健康野菜

モロヘイヤは、エジプトが原産地といわれるシナノキ科の一年草です。

IMG_1338.JPG

エジプトが原産地といわれるように、

乾燥した砂漠地帯でもモロヘイヤは育ちます。

このため、エジプトでは古くから
野菜として利用されてきました。

モロヘイヤは熱帯原産の高温性野菜で、

発芽適温は30℃、生育適温も20℃以上と高く、

露地栽培では十分温度が上がってから栽培します。

モロヘイヤは、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいる

日本でもおなじみの健康野菜です。

モロヘイヤを刻むとネバネバが出てきます。

このネバネバは「ムチン」という成分で、

オクラやナメコ、里芋などの
ネバネバ野菜に
共通して含まれているものです。

ムチンは糖とタンパク質からできた物質で、

糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑える働きがあり、

糖尿病などの予防に効果があります。

また、胃壁を保護してくれるので、

消化不良や食欲不振を防いで胃のトラブルを予防します。

 

野菜名

科名

原産地

モロヘイヤ

シナノキ科

エジプト

学名

英名

和名

Corchorus olitorius

jew’s-mallow、
tossa jute

シマツナソ

種まき時期

定植時期

収穫時期

3月下旬?4月

スポンサーリンク

5月下旬?

6月下旬?

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

 

25?30℃

35℃

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

 

20?30℃

 

花芽分化

短日条件で花芽分化する

古代エジプトの伝説に、

どんな薬を飲んでも治らなかった王様の難病が

モロヘイヤのスープで治ったという話があります。

それ以来、モロヘイヤをアラビア語で

「王様の野菜」と呼ぶようになったのが語源のようです。

難病を治してしまうほどのモロヘイヤのパワーは、

食事の偏った現代人にも必要なようです。

家庭菜園でモロヘイヤ栽培に挑戦してみて、

とりたてのモロヘイヤを夕食の1品に加えてみてはどうでしょうか?

 モロヘイヤの種子

⇒モロヘイヤの種まきのやり方

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
モロヘイヤの育て方 野菜の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました