ホーム » 野菜の育て方 » サトイモの育て方

スポンサードリンク

サトイモの育て方カテゴリの記事一覧

サトイモの収穫の目安|収穫は霜の降りる前までに

■追肥&土寄せの作業は、サトイモの肥大に重要


発芽の揃い出す6月頃になりましたら、最初に張った、
マルチフィルムを剥がして、追肥と土寄せの作業を行います。
化成肥料1平方メートルあたり20グラム程度を株元にまき、
馴染ませた後に土寄せを行います。


同様に、親イモに子イモの付く7月頃、孫イモの付く8月頃、
合計3回、この作業を行います。この作業によって、サトイモは、
大きく肥大します。


■マルチングは乾燥予防になる


サトイモは、乾燥に非常に弱いため、1度乾燥させてしまうと、
回復が遅れ、収穫できるサトイモが少なくなってしまいます。
梅雨明け後、日照りの続く時には、こまめに水やりを行いましょう。


また、株元に、乾燥させたトウモロコシの茎葉や、
敷ワラなどのマルチングを行うと、乾燥を予防することができます。


■収穫は霜の降りる前までに


11月中旬以降になると、霜のおりる地域も増えます。
霜がおりはじめた頃が、サトイモの収穫のサインをなります。


この時期になりましたら、試し掘りをしてみましょう。
イモの大きさが充分であるのが確認できたら、収穫です。


収穫の際は、地上部の茎葉を切ってからするのがおすすめです。
サトイモを掘り上げると、春に植えた種芋のまわりの子イモがたくさん付いた状態になります。


貯蔵せずにすぐに調理するのが、おすすめなのですが、
その時は、イモをもぎ取り、根と茎を取って調理してください。
家庭菜園で採れた新鮮なサトイモは、別格ですよ。
スポンサードリンク

サトイモの植え付けの深さ|芽かきの作業も忘れずに

サトイモは、高温には強いものの、低温には弱い、そして、乾燥に弱い特性のある野菜で...

続きを読む

サトイモの追肥、土寄せ|1度に土寄せするのではなく、まめに行うのがポイント

形の良いサトイモの収穫のためには、追肥&土寄せが重要です。1回目の土寄せは、発芽...

続きを読む

サトイモの植え付け時期|生育適温は、25度?30度と高く、低温には弱い

ジャガイモの種芋は、検査に合格した種芋であるのに対し、サトイモの場合は、土の付い...

続きを読む

サトイモの原産地と日本での歴史|主なサトイモ品種

サトイモは、縄文時代より日本にて食べられている野菜ですが、原産地は東南アジアです...

続きを読む

Return to page top