ホーム » 野菜の育て方 » ソラマメの育て方

スポンサードリンク

ソラマメの育て方カテゴリの記事一覧

ソラマメの栽培管理|整枝、摘心を忘れずに行う

■整枝、摘心を忘れずに行うこと


冬場は、生育の落ちる期間ですので、株はほとんど大きくなりません。
しかし、気温が徐々に上昇しはじめると、株は生長していきます。
株の大きさに変化が現れるようになった頃に、肥培管理をはじめましょう。


草丈約30センチほどになりましたら、追肥を行います。
防寒対策として敷いたワラを一度どかし、株元に施してワラを戻します。


次は草丈約40センチころになったら、整枝を行います。
この頃には、1株より10本以上茎が出ていると思いますが、
大きいものより残し、6本?7本程度にします。
間引きを行う際は、地際よりハサミなどでカットします。


更に草丈約70センチほどになりましたら、実を充実させるため、
先端より10センチ?15センチのところで、摘心します。


その後、倒伏防止のため、四隅に支柱を立てて、
ひもで囲みます。倒れにくくなるほか、広がりにくくなる作業ですので、
必ず行なってください。


■ソラマメの病害虫の防除


生長の盛んになる頃には、アブラムシの被害にあいやすくなります。
マメ科の野菜を好むアブラムシは、吸汁し、株を弱まらせますので、
被害が拡大しないように、見つけ次第、捕殺を行なってください。


また、アブラムシ用の殺虫剤の使用も効果的です。
更に予防として、アブラムシの嫌う、反射効果が期待できる、
シルバーマルチを使用して、飛来を防ぐのも良い方法だと言えます。
何にせよ、早期発見、早期の対処が肝心だと言えます。



スポンサードリンク

ソラマメの肥料はひかえめに、つるぼけを起こさないように注意

■肥料は控えめに、蔓ボケを起こさせないようにするソラマメは、肥料を控えめに育てる...

続きを読む

ソラマメの栽培ポイント|種まきの時の、種のおはぐろの向きが重要

ソラマメは、幼苗期のまま、越冬させるのがポイントです。そのほか、いくつかの栽培の...

続きを読む

ソラマメの生育適温と収穫の目安|種まき時期を誤らないようにするのが大切

ソラマメの収穫は、上を向いていたさやが、下に垂れ下がった頃が目安です。他の野菜や...

続きを読む

ソラマメの原産地と名前の由来

ソラマメの原産地は、中央アジアだと言われています。原産地やルーツに関しては、まだ...

続きを読む

Return to page top