ホーム » 野菜の育て方 » 水菜の育て方

スポンサードリンク

水菜の育て方カテゴリの記事一覧

水菜の種まき|条まきと、点まきの使い分け

ミズナの栽培ポイントは、4点です。
この4点さえ守れば、家庭菜園初心者の方でも、美味しい、
ミズナを収穫することができます。


■条まきと、点まきの使い分け


サラダ用の小株に育てる時は、条播きが理想です。
間隔は、1センチ程度。株間3?4センチくらいになったら、間引きします。
更に本葉が3?4枚になったら、5?6センチ間隔にします。


鍋物用の大株に育てる時は、点まきが理想です。
株間は約30センチほど。1箇所に対して、5?6粒の種をまきます。
2?3回ほど間引きを行い、500グラム程度に育ったら収穫を順次行います。


覆土は、できるだけ薄くするのがポイントです。
また、種まき後は、充分に水を与え、ベタ掛け資材で保護してください。


■間引きの注意点


ミズナは、子葉の胚軸が非常に細いため、密植していると、
徒長することがあります。そのため、発芽の揃った時は、
早め早めの間引きを心がけ、株が重ならないようにします。


■水やりの注意点


ミズナは、その名前の通り、水やりがとても重要です。
生育初期は、たっぷりと、水を与えながら育てて行きますが、
生育後期は、軟腐病に掛かることがあるので、過湿状態にならないよう、
適度に水やりを行います。


■ベタ掛け資材の使用


種まき後は、ベタ掛け資材で覆います。
ミズナの場合は、畝幅より広いものを使用します。
小株に育てる場合は収穫まで、ベタ掛け資材で保護しておきます。
特に夏まきは、害虫の活動も盛んな時期となりますので、
トンネル栽培にするのも1つの方法です。
スポンサードリンク

水菜の収穫の目安|シャキシャキ感がおいしい京野菜

ミズナは、他の漬け菜と比べて、分枝性の強い野菜です。大株に育て上げたミズナは、6...

続きを読む

ミズナの栽培のポイント|プランターでも育てられる京野菜

ミズナは、京野菜の1つとして知られる野菜です。今までのミズナの食べ方と言えば、大...

続きを読む

  • 1

Return to page top