初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水菜の育て方

ミズナの栽培のポイント|プランターでも育てられる京野菜

投稿日:

ミズナは、京野菜の1つとして知られる野菜です。
今までのミズナの食べ方と言えば、大きな株に育てて、お漬物として、
煮物として取り入れられることが一般的でした。
最近は、ミズナの認知度も高まり、そのシャキシャキとした歯ざわりの良さは、
しゃぶしゃぶなどの鍋物、サラダ、うどんなどのトッピングとしてなど、
幅広く活用されるようになりました。
葉の数が数百枚にもなる大きな株に育て上げるには、涼しくなった頃に、
育苗を開始するのが適切です。
9月上旬頃に育苗箱を使って育てていくことになりますが、本葉2枚の頃に、
苗床へ植え替え、本葉6枚ほどの苗を作ります。
その後、畝間50センチ、株間35センチほどの畑へ植え付けていきます。
こういった育て方をしたミズナは、煮物などの料理に向いていて、
寒ければ寒いほど、本来のミズナの味を楽しむことが出来ます。
小さな株を育てる場合は、随時種まきを行うようにして、生育途中で収穫します。
サラダなど、現代の日本人にはこちらの方が馴染みがあるかも知れません。
長型プランターを使う場合は、2列にまき溝を作って種まきをします。
畑で育てる場合は、畝間40センチほどのところへ、くわ幅のまき溝を作って種まきします。
どちらの場合も本葉3枚ほどに株間が7センチほどになるようにして、
間引きしたミズナも楽しんでみてください。
品質の良いミズナを作るには、元肥として完熟堆肥、油粕、化成肥料を入れます。
プランター栽培の場合は、野菜用土を使えば問題ありません。
化成肥料を、大株の場合は2回、子株の場合は1回、
プランター栽培の場合は液体肥料を、追肥して育てていきます。

スポンサーリンク

-水菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

水菜の種まき|条まきと、点まきの使い分け

ミズナの栽培ポイントは、4点です。 この4点さえ守れば、家庭菜園初心者の方でも、美味しい、 ミズナを収穫することができます。 ■条まきと、点まきの使い分け サラダ用の小株に育てる時は、条播きが理想です …

no image

水菜の収穫の目安|シャキシャキ感がおいしい京野菜

ミズナは、他の漬け菜と比べて、分枝性の強い野菜です。 大株に育て上げたミズナは、600?1000枚もの、根出葉が出るとも、 言われます。 ミズナの別名、「千本水菜」「千筋菜」は、ここから来ています。 …

カテゴリー

最近のコメント