ホーム » 野菜の育て方 » インゲンマメの育て方

スポンサードリンク

インゲンマメの育て方カテゴリの記事一覧

インゲンマメは、土作りが重要!石灰をしっかりと与える

インゲンマメは、中央アメリカを原産とする、さやを食べる野菜です。
つるなし性のものは特に、家庭菜園初心者の方でも、育てやすい、
作物となりますので、下記のポイントを参考に、是非挑戦してみてください。

IMG_2534.JPG

■インゲンマメは、土作りが重要!石灰をしっかりと与えること。


インゲンマメは、酸性土壌を嫌う作物です。
pH6.0?6.5程度の土を好みますので、インゲンマメを育てる、
2週間ほど前には、しっかりと石灰を施して、土作りの準備を行います。


■インゲンマメの栽培時は、肥料量に注意する。


マメ科の野菜は、窒素分を固定する根粒菌が根に元々あるので、
少ない肥料でも充分に育てることができます。
ナスや、トマトなどの野菜の半分程度に抑えて、つるぼけを予防しましょう。


■インゲンマメは、直播栽培よりも、移植栽培がおすすめ


マメ科の野菜は、鳥害に遭いやすいと言えるので、
目の届きやすい場所にポットで管理するのが、良いでしょう。
また、直播栽培でなく、移植栽培とすると、その期間畑を使えるので、
他の野菜を育てることもできます。


こういった理由より、直播栽培より移植栽培がおすすめです。
ポリポットにまとめて種まきを行えば、間引きや水やり、移動、
管理がとても楽になります。
また、より良い苗のみを、移植できるというのもメリットです。


■病害虫の防除


インゲンマメは、ハダニ、アブラムシに注意して管理を行います。
初期段階では、捕殺したり、水圧によって、流すことができますが、
被害が拡大すれば、薬剤の散布が必要となりますので、
充分に注意しましょう。
スポンサードリンク

インゲンマメの由来|さやを食べる野菜

インゲンマメの由来は、隠元禅師、京都府にある万福寺を創建した、黄檗宗の高僧の名前...

続きを読む

家庭菜園でのインゲンマメの選び方|初心者がつるなしがおすすめ

インゲンマメは、つる性(蔓性種)、つるなし性(矮性種)があります。その他、品種に...

続きを読む

家庭菜園初心者でも栽培しやすいインゲンマメ

家庭菜園初心者の方でも比較的、育てやすいのがインゲンマメです。スーパーでも手に入...

続きを読む

インゲンマメの育て方|家庭菜園ではつる性品種がおすすめ

インゲンマメは、つる性のものとそうでないものがあります。そうでないものは、矮性と...

続きを読む

Return to page top