ホーム » 野菜の育て方 » ゴボウの育て方

スポンサードリンク

ゴボウの育て方カテゴリの記事一覧

ゴボウの栽培のポイント|好光性種子のため、覆土は薄めに行う

■岐根(きこん)にならないように、土作りを行う


ゴボウは、直根性の野菜に属します。
その中でも特に根が長く、細く育ちますので、深いところまで、
しっかりと耕し、異物などは除去して土を柔らかくしておくのがポイントです。


根が固まった土や石などに当たると、岐根になりやすいです。
また、土が柔らかくないと、収穫の時に上手くとれなくなりますので、
充分に耕してから育てはじめましょう。


ゴボウは、日当たりの良い、水はけの良い場所を好みます。
種まきをする2週間前までに、苦土石灰をまいて耕します。
植え付け前は、深さ50?100センチ、畝幅25センチほどとし、
堆肥、化成肥料を入れて耕します。


■好光性種子のため、覆土は薄めに行う


ゴボウは、好光性種子となりますので、種は前日に水を含ませ、
水を切った状態で直蒔きし、軽く覆土します。
まき方は、株間10?15センチほどの点まき、1箇所あたり、
5?6粒が理想です。種まき後の水やりも忘れず行ってください。


■間引き、追肥、中耕、土寄せの作業


間引きは、本葉1?2枚の時、本葉3?4枚の時の2回行います。
この時、根元を押さえながら、苗の根を痛めないように注意してください。


2回目の間引きの後は、化成肥料50グラム(1平方メートルあたり)を追肥して、
株の周囲に混ぜあわせます。
その後、根を痛めないように注意しながら中耕の作業を行い、
最後に、株の根元に土寄せして、徐々に根を太らせていきます。
スポンサードリンク

ゴボウのネキリムシの防除方法

ゴボウの発芽後は、害虫に気を付けてください。表面に出る軸の部分は特に注意して見る...

続きを読む

ゴボウの原産地と日本での歴史

ゴボウの原産地は、西アジア・地中海沿岸付近にあります。日本においても、ゴボウの歴...

続きを読む

  • 1

Return to page top