ホーム » 野菜の育て方 » チンゲンサイの育て方

スポンサードリンク

チンゲンサイの育て方カテゴリの記事一覧

チンゲンサイの栽培のポイント|水やり管理はしっかりと

中華人民共和国、中部あたりを原産とするチンゲンサイは、
戦後、中国よりやってきたとされています。それ以前にも、チンゲンサイがあった
といわれることもありますが、その時はまだ、日本には定着しなかったようです。


この時、チンゲンサイ以外にもたくさんの野菜が中国より来ましたが、
味・調理などが日本に認められた野菜は少なく、チンゲンサイはその代表格
といっても過言ではありません。


ほのかに甘味があり、歯ざわりの良いチンゲンサイは、煮崩れもなく、
色が落ちることもないため、あんかけ、おひたし、炒めもの、煮物、付け合せなど、
さまざまなところで使われています。


そんなチンゲンサイにもさまざまな品種がありますが、
早生種で育てやすい青帝や、暑さに強いという特徴のある長陽、
ミニサイズのチンゲンサイであるシャオパオなどがお勧めの品種となります。


苗作りは、セルトレイを用いてするのが1番簡単で、便利です。
128穴のセルトレイを用意して育てはじめましょう。


尚、少ない苗数でも良いという場合は、育苗箱を使う方法もあります。
本葉1枚ほどになったら、3号ほどのポリ鉢に植え替えたり、
最初から、ポリ鉢に種をまいて苗を育て上げるという方法もあります。


まだまだ暑さの残る時期より育てるチンゲンサイは、前作が空き次第、
苦土石灰などを適量まいて、綺麗に耕しておきます。
そこへ、元肥として完熟堆肥・油粕・化成肥料などを耕します。


追肥は、定植後15日頃と、生育が盛んになった頃に行います。
化成肥料を株周辺に追肥し、良く土に混ぜ込むようにして追肥します。


まだまだ気温が高くなり、乾燥してしまうこともあると思いますが、
乾燥させすぎは、石灰の吸収不足からなる、褐変が見られることがあります。


このチップバーン症状を出さないためにも、水やりの管理は、
しっかりと行なって行きたいところですね。


害虫は、キスジノミハムシ・コナガ・アブラムシに注意します。
苗床での薬剤散布、べたがけ資材などを使った防除を行うようにしてください。



スポンサードリンク

チンゲンサイの株間について|おいしい青梗菜を収穫するために

中国野菜の1つ、チンゲンサイは、日本でも良く使われる野菜です。暑さや、寒さに比較...

続きを読む

チンゲンサイの栽培期間と生育適温|10度以下の低温ではとう立ちしやすい

チンゲンサイは、暑い、寒い、気候の変化に比較的強いので、土壌を選ばず、簡単に育て...

続きを読む

チンゲンサイの起源と日本での歴史|漢字では青梗菜

チンゲンサイは、数ある中国野菜の中でも特に、日本でも馴染み深い、ポピュラーな野菜...

続きを読む

チンゲンサイの育て方|家庭菜園でも育てやすい中国野菜

中国野菜は色々な種類がありますが、日本でも特に馴染みがあるのがチンゲンサイです。...

続きを読む

Return to page top