初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

チンゲンサイの育て方 野菜の育て方

チンゲンサイの育て方・栽培方法|いろいろな栄養素がバランスよく入っている野菜

投稿日:

phm03_0366-s.jpg

チンゲンサイは中国語で青梗葉と書き、茎の青い葉という意味です。

チンゲンサイはハクサイやカブと同じアブラナ科の植物で、

これらの原産地は地中海性沿岸のトルコからバルカン半島の高原で、

中国に渡ってから様々な栽培種に分化しました。

日本には昭和47年の日中国交回復のころに入ってきたといわれています。

当初はいろいろな名前で呼ばれていましたが、
名称の統一がなされ、
葉柄が帯緑色のものをチンゲンサイ、
白色のものをパクチョイと定められました。

葉は緑色、肉厚な軸の部分は淡緑色をしており、

やわらかく歯切れが良いです。
アクが無く、
煮崩れないため、炒め物のほかに、スープや煮込み料理によく用いられます。

主な栄養素はビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、

カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維です。

日本国内での主産地は、静岡県、長野県、埼玉県などです。

家庭菜園でも栽培でき、露地栽培、プランター栽培が適しています。

野菜名

科名

原産地

チンゲンサイ

アブラナ科

地中海沿岸地域

学名

英名

和名

Brassica rapa var. chinensis

Qing geng cai

体菜(タイサイ

種まき時期

定植時期

収穫時期

8月中旬?
9月下旬

 

10月?

種子の光反応

土壌適応性

好光性種子

土壌適応性は広く、日当たりのよく、
排水のよい肥沃な畑がよい

スポンサーリンク

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

10℃

20?25℃

35℃

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

2?3℃

15?25℃

30℃

うね幅

条数

株間

100?120

4?6

10?20cm

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

20000?30000本

6?8dl

4000?5000粒

チンゲンサイの品種いろいろ



スポンサーリンク

-チンゲンサイの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。 葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。 肥料の管理が品質を大きく左右 …

no image

タケノコハクサイの育て方

タケノコハクサイ アブラナ科 タケノコハクサイは白菜の一種で 中国ではシャオツァイ(紹菜)と呼ばれています。 タケノコハクサイは日本の白菜に比べて、 細長く、草丈は高くなります。 結球部が長円筒形をし …

no image

ハクサイの結球|白菜はなぜまくのか?

白菜は本葉が出はじめると 中心から次々と新しい葉が出てきます。 新しい白菜の葉は増えてきますが、 白菜の茎は長くならないので葉の数が、 多くなるほど重なり合うようになり、 新しく出た内側の白菜の葉は …

no image

チンゲンサイの起源と日本での歴史|漢字では青梗菜

チンゲンサイは、数ある中国野菜の中でも特に、日本でも馴染み深い、 ポピュラーな野菜だと言えます。スーパーなどに行っても、チンゲンサイは、 1年中手に入れることができるほど人気のもので、広く利用されます …

no image

チンゲンサイの栽培のポイント|水やり管理はしっかりと

中華人民共和国、中部あたりを原産とするチンゲンサイは、 戦後、中国よりやってきたとされています。それ以前にも、チンゲンサイがあった といわれることもありますが、その時はまだ、日本には定着しなかったよう …

カテゴリー

最近のコメント