初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

チンゲンサイの育て方 野菜の育て方

チンゲンサイの育て方・栽培方法|いろいろな栄養素がバランスよく入っている野菜

投稿日:

phm03_0366-s.jpg

チンゲンサイは中国語で青梗葉と書き、茎の青い葉という意味です。

チンゲンサイはハクサイやカブと同じアブラナ科の植物で、

これらの原産地は地中海性沿岸のトルコからバルカン半島の高原で、

中国に渡ってから様々な栽培種に分化しました。

日本には昭和47年の日中国交回復のころに入ってきたといわれています。

当初はいろいろな名前で呼ばれていましたが、
名称の統一がなされ、
葉柄が帯緑色のものをチンゲンサイ、
白色のものをパクチョイと定められました。

葉は緑色、肉厚な軸の部分は淡緑色をしており、

やわらかく歯切れが良いです。
アクが無く、
煮崩れないため、炒め物のほかに、スープや煮込み料理によく用いられます。

主な栄養素はビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、

カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維です。

日本国内での主産地は、静岡県、長野県、埼玉県などです。

家庭菜園でも栽培でき、露地栽培、プランター栽培が適しています。

野菜名

科名

原産地

チンゲンサイ

アブラナ科

地中海沿岸地域

学名

英名

和名

Brassica rapa var. chinensis

Qing geng cai

体菜(タイサイ

種まき時期

定植時期

収穫時期

8月中旬?
9月下旬

 

10月?

種子の光反応

土壌適応性

好光性種子

土壌適応性は広く、日当たりのよく、
排水のよい肥沃な畑がよい

スポンサーリンク

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

10℃

20?25℃

35℃

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

2?3℃

15?25℃

30℃

うね幅

条数

株間

100?120

4?6

10?20cm

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

20000?30000本

6?8dl

4000?5000粒

チンゲンサイの品種いろいろ



スポンサーリンク

-チンゲンサイの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ピーマン

ピーマンの栽培・育て方|ビタミンCで夏の栄養補給に大活躍

ピーマンの栽培ポイント スポンサーリンク ピーマンは連作障害を起こしやすいので ピーマン、ナス、トマトのあとには 3-4年植えないようにします。 スポンサーリンク

no image

ハクサイ(白菜)の寒さ対策|白菜を長く上手に楽しむ方法

家庭菜園の防寒対策は万全でしょうか? 冬越しする葉菜類では 園芸用の不織布をベタ掛けしたり、 弱い霜を防ぐだけなら、寒冷紗をベタ掛けするか、 トンネル掛けすることで防げます。 ハクサイ(白菜)の収穫も …

no image

ゴーヤーの育て方・栽培方法|苦味が癖になる健康野菜

ゴーヤーは熱帯アジア原産で高温性の野菜で、 16℃以下になると生育や果実の着果も悪くなります。 ゴーヤの発芽適温も25℃と高いので注意しましょう。 私の経験上、ゴーヤの種はそのまま播くよりも 少し傷を …

家庭菜園 ナス

ナスの種まき|家庭菜園でのおいしいナスの育て方

苗半作といわれるほど、健康で丈夫な苗を作ることが、 定植したあとの順調な生育、収穫につながります 種まきの後は十分な温度と水分が重要です とくにナス科の野菜は寒さに弱いので、 2?3月にナスの種まき・ …

no image

シソの栽培・育て方|独特の風味のジャパニーズハーブ

家庭菜園で少量の株でいい場合はポットでシソの苗を作り、 シソがある程度大きくなったら、定植します。 シソの種まき シソの種はポリ鉢に5粒くらいまき、苗を育てます。 土はシソの種が隠れるくらいのうすめに …

カテゴリー

最近のコメント