チンゲンサイの育て方|家庭菜園でも育てやすい中国野菜

中国野菜は色々な種類がありますが、日本でも特に馴染みがあるのが
チンゲンサイです。煮て食べるのが一般的ですが、煮崩れもせず、
和風にも良く合います。

家庭菜園で育てる上でも、育てやすい中国野菜となりますので、
是非、チャレンジしてみてください。

チンゲンサイの生育に適した気温は、15度?22度ほどです。
冷涼な気候を好む野菜ですので、秋ごろが1番育てやすい時期です。

しかし、ハクサイなどの野菜と比べると暑さにも強い性質があり、
生育期間が50日ほどと短いので、夏場でも育てることが出来ます。

中国へ行けばチンゲンサイの品種もさまざま出回っていますが、
日本では、日本の気候や土壌に適した青帝チンゲンサイ、長陽、
青軸パクチョイなどがお勧めの品種です。

畑に直播きする場合は、鍬を使ってまき溝を60センチ間隔につくり、
2?3センチ間隔となるように、種まきをしていきます。

育つ過程で間引きも行い、最終的には株間が15センチほどになるよう
調節をしていきます。

株数を少なく育てるのであれば、ポリ鉢でも栽培が可能です。
3号の鉢に4?5粒の種をまき、育つにつれて間引きを行います。
大体、本葉4?5枚ほどになったら、植え替えを行います。

元肥は、完熟堆肥、油カス、化成肥料を植え付け前に準備します。
その後、育つ過程で1回?2回ほど、油カスと化成肥料を株元に
土に混ぜ込み、追肥を行います。

また、チンゲンサイはアブラナ科に属する野菜となりますので、
鳥害や、コナガ、ヨトウムシなどの被害にあいやすい作物です。

害虫には早めの殺虫剤を、鳥害には不織布などのベタ掛け資材を用い、
それぞれの対処をしっかりと行うように心掛けてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
チンゲンサイの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました