ホーム » 野菜の育て方 » ネギの育て方

スポンサードリンク

ネギの育て方カテゴリの記事一覧

家庭菜園での葉ネギの栽培のポイント|家庭菜園初心者の方にもおすすめの野菜

ネギには、大きく分けて根深ネギ(白ネギ、長ネギ)と、
葉ネギ(九条ネギなど)があります。今日は、その中から、
葉ネギの栽培ポイントについてまとめました。


■葉ネギは、酸性土壌を嫌うので、酸度調節が必須です


葉ネギは、苗の植え付け、2週間前に苦土石灰を、
120?150グラム程度(1平方メートルあたり)まいて、
良く土に混ぜ込んでおきます。


酸性土壌を嫌う葉ネギでは、この作業がとても大切です。
そして、植え付け前の段階になったら、堆肥を3キロほど、
化成肥料を100グラムほど混ぜて、良く耕します。


その後、幅1メートルほどの畝を作り、2条の溝を掘り、
株間10センチ程度に、苗を植え付けていきます。
この時、分げつ部を埋めないように、浅く苗を受け付けるのがポイントです。


■葉ネギは、土寄せの作業が簡単で育てやすいです


植え付けから1ヶ月ほどしたら、化成肥料50グラムを、
株の周辺にまいて、軽く耕して土寄せを行います。


葉ネギは、根深ネギとは違い、白い部分を伸ばすわけではないので、
この土寄せの作業は、株が倒れないようにする程度で構いません。
むしろ、土寄せを多く、分げつ部まで埋めてしまうと、
葉ネギの生長が止まってしまうので、注意してください。


これ以降、収穫を終えるまで、1ヶ月に1回、化成肥料の追肥、
中耕、土寄せの作業を忘れずに行いながら育てます。
根深ネギよりも手間なく育てられるので、家庭菜園初心者の方にもおすすめの野菜です。
スポンサードリンク

家庭菜園での根深ネギの栽培のポイント|土寄せのタイミング

根深ネギの栽培のポイントは、まず、苗を植え付ける時の土作りに、石灰や肥料を使わな...

続きを読む

葉ネギの栽培時期|栽培開始は、3月下旬?4月上旬頃

葉ネギは、京都で盛んの京野菜、九条系が良く見られる品種です。そういった九条ねぎな...

続きを読む

家庭菜園での白ネギの育て方|上級者向けの野菜

白ネギ、長ネギと呼ばれる根深ネギは、土寄せの作業を行い、軟白部を伸ばして行く必要...

続きを読む

ネギの原産地と日本での歴史

日本の家庭料理には欠かせないネギ。ネギといっても、さまざまなものがありますが、も...

続きを読む

Return to page top