初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

アスパラガスの栽培方法|冷涼な気候を好むユリ科の多年草

投稿日:

アスパラガスは農場に勤めていたときに、とれたての美味しさに感動して、
是非自分で栽培してみたいとは思っていましたが、収穫できるまでが長いのと、
一度植え付けたらその場所は他の作物に使えないので躊躇していました。
最終作物と教わったからです。
しかし、どうしてもあの美味しさが忘れられないので、
少しの量から栽培してみることにしました。
アスパラガスは冷涼な気候を好むユリ科の多年草です。
生育適温は15度から20度です。30度までは高温ほど生育は早いが、
それ以上になると株がひどく弱ってきます。
土は微酸性から中性で、土層が深く水はけのよいところが向いています。
先に述べたように1度植えたら10年も植え替えしないので、じっくりと場所を考えます。
品種はメリーワシントンというものにしました。
4号の鉢に果菜育苗用の土を詰めて播種床とします。
種子は2日から3日ほど30度くらいの温かい湯にひたして、
水を切ってからまきます。発芽するまでに約半月程かかります。
乾燥に弱いので、水やりに注意します。育苗中に3回から4回、液肥で追肥します。
IMG_2519.JPGのサムネール画像
定植は秋に植えるのがふつうですが、寒冷地では翌年の4月植えでも大丈夫です。
永年作物なので、植え付け密度は、1平方メートル当たり2株までとしておきます。
雄株で定植が理想ですが、1年目の苗では見分けがつきません。
ですから、株の小さいわりに芽が大きい株は避けるようにします。
定植時の乾燥には十分に注意します。
植えてから2年間は収穫しないで、株の養成に努めます。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で九条ネギの栽培に挑戦

家の外で、プランターにて九条ねぎを栽培しています。 家庭菜園は初心者なので、 お店で、育ちやすい野菜としてねぎを勧められました。 たくさんのねぎの種類がある中、 おいしそうな九条ねぎ(根つき)を購入し …

no image

ジャガイモのプランター栽培に挑戦

去年、種芋として残しておいたじゃがいもが、 ダイニングの片隅に隠れているのを思い出しました。 袋をあけて見てみると、幾つかの種芋が入っていて、 芽と根っこが出て絡まり合っていました。 そこで使っていな …

no image

白ゴーヤでもできる緑のカーテン

去年の夏、猛暑対策で緑のカーテンを作ろうと思い、 夫婦で大好きなゴーヤの栽培をしました。 5月ごろ、園芸店に行き苗を買います。 昨今の家庭菜園ブームで、苗も残り少なくなっていましたが、 通常の緑のゴー …

no image

家庭菜園での心配事

野菜などを植える場合には、堆肥や化成肥料などを入れてから 少しまってから何でも植えるのが基本だということがあります。 しかし、私は家庭菜園でもせっかちなので植えるその日に 化成肥料などですぐに植えてい …

no image

ベランダでのミニトマト栽培の楽しみ方

アパート暮らしの私の小さな楽しみ、 それはベランダで植木鉢を使ったガーデニング。 どうせなら腹の足しになるものを…と思ったのがきっかけで、 子供の頃から毎年自宅の庭で栽培していたミニトマト …