こう

白菜の育て方

ハクサイの収穫時期の目安と寒さ対策、収穫後の貯蔵方法

結球ハクサイは、晩秋頃に大きく育ち、収穫期を迎えます。 元気に育っていたと思われる結球ハクサイでも、株によっては、結球の具合にバラつきが生じますので、目安を参考に、収穫のサインを見逃さないようにします。 
白菜の育て方

ハクサイの種まき、時期と畑の準備と土つくり

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。 見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、収穫に喜びを感じれることと思います。 今回はハクサイの種まきについて紹介します。 
白菜の育て方

ハクサイの結球の条件|白菜が結球しない失敗をなくす

白菜の葉が結球するのは生育がある程度進んでからになります。気温が15~17℃の環境下で外葉が20枚程度になると生理現象で結球をはじめるようになります。 ハクサイの葉に日光が当たると、この植物ホルモンオーキシンは、 葉の表から、裏側へ移動し、葉の裏にある細胞を膨らませます。 そうすると、徐々に内側の葉が立ち上がるようになり、巻き込んだ葉になるのです。 このはたらきにより、充分に葉が重なりあった、ハクサイが完成します。
肥料・堆肥

追肥のタイミングとやり方|肥料は、根の先端に与えるのがポイント

生長すればするほど、野菜は肥料を良く吸収します。 そのため、その吸収に応じられるように肥料を適度に補給してあげるのが 野菜を上手に育てるポイントです。
オクラの育て方

オクラが枯れる失敗をなくそう|とくに気温には注意

夏から秋の終わり頃までも収穫出来るという魅力があるのがオクラです。 最近は、オクラを使ったレシピなども増えてきているので、 食卓にも取り入れやすいですね。
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

家庭菜園は誰でも簡単にできる野菜作りです。食の安全性や環境への関心の高まりとともに、家庭菜園をはじめる方が増えています。家庭菜園は、自宅の庭やベランダの一角ではじめることはもちろんのこと、市民農園や貸菜園を借りるなど、様々な方法ではじめることが可能です。とにかく、自分でつくったとれたての野菜は、おいしい! プランターひとつ、苗1本からでOK! なのです。自分が食べたい野菜をつくってみることができるのも、家庭菜園の魅力。「食べたい野菜」=「作りたい野菜」と考えて、野菜づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
ブルーベリーの育て方

ブルーベリーの花の咲き方、実の着き方(花芽分化、結果習性)

ブルーベリーの花の咲き方やどこに実がなるかを知っていると、樹を大きく育てたり、たくさん実を収穫するのに役立ちます。 また剪定するのに役立つ知識となります。
みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園のピーマンにカメムシがついて困っています

家庭菜園が大好きでたくさんの野菜を育てています。 基本は自分が好きな野菜を栽培していますが、私はピーマンが大好きなので、自分でも作ってみようと思い、 昨年はじめて家庭菜園でピーマンを育てました。 しかし、ピーマンは他の野菜に比べると害虫問題がとても厄介でした。 カメムシが取っても取ってもどこからともなくやって来て、また翌日には茎にびっしりとくっついているのです。 ピーマンにつく害虫の駆除の仕方はいろいろあるのですが、私が実践したのは牛乳でスプレーするというものでした。
ブルーベリーの育て方

ブルーベリーの原産地と果樹特性

ブルーベリーの原産地今日日本で栽培されているブルーベリーの原産地は北アメリカです1,900年代の初め北アメリカに自生する野生のスノキ属植物をアメリカで育成したものです。美しいブルーのみがなることからブルーベリーというようになりました。日本に入って来たのは1950年ごろで栽培が始まったのはさらに後の1970年ころなので、まだまだ歴史の浅い果樹だといえます。
みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園でのトマト栽培の楽しみ方

自宅の庭の隅っこの方を家庭菜園に利用しています。 種や苗から野菜が育っていく様子を観察すること自体も楽しいものです。 しかしやはり新鮮な野菜を収穫してすぐに食材とすることのできることは大きなメリットだといえます。
タイトルとURLをコピーしました