初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

黒豆の苗場作りをして種をまきました

投稿日:

昨日は、黒豆の「苗場」を作ってきました。
勿論直播きでも良いのですが、豆は大きくて鳥たちに見つけられやすい為、
発芽したての頃に食べられてしまったりするので
一か所に集中して種を蒔き、寒冷紗をかけて保護しておいた方が
効率が良いのです。
畑の一部に、少し土を盛りあげるようにして種を蒔くところを作ります。
5cm感覚位の幅に指で穴をあけ、黒豆を2粒ずつ蒔き、
軽く土を被せます。
(よく、種と同じくらいの厚さに土を被せる、といいます)
あとは、たっぷりの水を撒いて、種まきは完了です。
芽が出るまでの間はこまめに水遣りをすることが必要。
発芽には温度と水が必須なのです。
その後は、寒冷紗をかけます。
まず、プラスチック製の細い棒を苗場の端に挿し、残った側を
ドーム型に苗場を囲むような形で、反対側に挿し込みます。
両脇から輪っかを作るように、寒冷紗を張るための枠を作るのです。
抜けないように、結構強く土中に挿します。
それを、寒冷紗を支えられる位の本数を挿したら、
寒冷紗(網目になっていて、風や雨を通すけれど、虫や鳥は入れない網布)を
その支柱の上にかぶせ、四方に石を置き風で飛ばないようにします。
支柱と寒冷紗が離れないように、クリップやセンタクバサミなどで
数か所とめることも必要です。
ひとまずは、これで完成。
ほぼ1週間から10日ほどで発芽して来ます。
これを、2本ずつ、畑のサクに移植していくのです。
豆はあまり肥料をやらなくても育つので、
事前に石灰窒素や堆肥を少々入れておきますが
あとは追肥などは不要です。
さて、まずは発芽が楽しみです。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でのミニトマト栽培の楽しみ方

子供たちがミニトマト大好きです。 スーパーマーケットで購入すると、取り合ってすぐに食べてしまいます。 野菜好きで嬉しいけど、ミニトマトって結構高いです。 そこで、せめて住宅を購入して庭が出来た機会に、 …

no image

食用のジャガイモを種イモにして栽培してみました

数年前に、少しでも食費を浮かせようと思い、 非常に簡単なので芽が出てしまったジャガイモを種イモにして、 うちの庭に植えて見ました。 育て方はよく分からないのですが、 芽が出ているのでそれを丁度良い大き …

no image

家庭菜園でのオクラの育て方

オクラは、北アフリカ原産で、発芽温度は25度から30度です。 生育適温は昼は、28度から30度、夜は20度から23度の高温性作物です。 夜温14度以下では生育がひどく悪くなってしまいます。土壌はあまり …

トマト

家庭菜園でのトマト栽培の楽しみ方

自宅の庭の隅っこの方を家庭菜園に利用しています。 種や苗から野菜が育っていく様子を観察すること自体も楽しいものです。 しかしやはり新鮮な野菜を収穫してすぐに食材とすることのできることは大きなメリットだ …

no image

家庭菜園でのナス栽培しています

「親の意見とナスビの花は、万に一つの無駄がない」、  又、「ナスの葉は座布団にせよ」、「ナス紺色」などと、 ナスに関する諺があるほどで、ナスは日本人に愛されている野菜です。 ナスの料理にしても万能とも …

カテゴリー

最近のコメント