初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

黒豆の苗場作りをして種をまきました

投稿日:

昨日は、黒豆の「苗場」を作ってきました。
勿論直播きでも良いのですが、豆は大きくて鳥たちに見つけられやすい為、
発芽したての頃に食べられてしまったりするので
一か所に集中して種を蒔き、寒冷紗をかけて保護しておいた方が
効率が良いのです。
畑の一部に、少し土を盛りあげるようにして種を蒔くところを作ります。
5cm感覚位の幅に指で穴をあけ、黒豆を2粒ずつ蒔き、
軽く土を被せます。
(よく、種と同じくらいの厚さに土を被せる、といいます)
あとは、たっぷりの水を撒いて、種まきは完了です。
芽が出るまでの間はこまめに水遣りをすることが必要。
発芽には温度と水が必須なのです。
その後は、寒冷紗をかけます。
まず、プラスチック製の細い棒を苗場の端に挿し、残った側を
ドーム型に苗場を囲むような形で、反対側に挿し込みます。
両脇から輪っかを作るように、寒冷紗を張るための枠を作るのです。
抜けないように、結構強く土中に挿します。
それを、寒冷紗を支えられる位の本数を挿したら、
寒冷紗(網目になっていて、風や雨を通すけれど、虫や鳥は入れない網布)を
その支柱の上にかぶせ、四方に石を置き風で飛ばないようにします。
支柱と寒冷紗が離れないように、クリップやセンタクバサミなどで
数か所とめることも必要です。
ひとまずは、これで完成。
ほぼ1週間から10日ほどで発芽して来ます。
これを、2本ずつ、畑のサクに移植していくのです。
豆はあまり肥料をやらなくても育つので、
事前に石灰窒素や堆肥を少々入れておきますが
あとは追肥などは不要です。
さて、まずは発芽が楽しみです。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

完熟トマトを食べるためのカラス対策

これまで取り組んだ中の一つで忘れられないのが完熟トマトです。 プチトマトは、結構簡単でほっておいてもたくさんなるのですが、 完熟トマトは、結構大きい品種なので、支柱をたてるにしても 大きめのでしっかり …

no image

都会のマンション暮らしでも家庭菜園でミニトマト栽培

我が家は都会のマンション暮らし。 ベランダは家族の洗濯物を干すため、あまり物が置けません。 花や野菜を作ることに憧れていましたが、 土が舞うことも考えると諦めていました。 ところが、ある日、同じマンシ …

no image

家庭菜園でトマト栽培に挑戦します

我が家はトマト好きなので、このゴールデンウイークに トマトの苗を植えてみたいと思っています。 ちょうど4月の下旬から最低気温が15℃以上になった頃が植え時です。 トマトと言っても種類が豊富です。 大好 …

no image

庭の一角を家庭菜園にして小松菜栽培と失敗体験

マンションの1階に住んでいます。 専用庭があるのですがすべて芝生なのももったいないので 一角を畑にして家庭菜園にしていました。 当時は葉物のお値段が張るころでしたので、 ほうれん草や小松菜を育てたいと …

no image

家庭菜園でメロン栽培失敗

今年もメロンの苗を植えてみました。ミニメロンと網メロンの二種類です。 結果はミニメロンは何とか食べることができましたが、網メロンは失敗でした。 毎年畑にミニメロンの苗を植えてはみます。 しかし悲しいこ …