初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

100円ショップで購入したバジル栽培セット

投稿日:

イタリア料理に欠かせないバジル。
でも、お店には、葉が数枚ついた枝5?6本がパックされて
200円ほどで売っているものしかなく、不満でした。
一度に使いたいのは葉の2?3枚なので、
余ったものは冷凍保存しておくのですが、
どうしても新鮮なものとは香りがまるでちがいます。
そこで自分で栽培することにしました。
百均に行けば、栽培キットが売っています。
小さな植木鉢に、中に入れる土、そうして小袋に入った種が入っています。
まずはおもちゃのような植木鉢に土をセットして、
小さな種が重ならないように、袋の三分の一ぐらいをまき、たっぷりと水をやりました。
2日ほどして、か細い、糸のような芽が出てきました。
さらに5日ほどすると、芽もずいぶんしっかりして、本葉がのぞいてきました。
一週間目に植え替えてやることにしました。
プランターとハーブ用の土を用意して、
日光がよく当たるように日当たりを考え、
ひとつずつを離して、ていねいに植え替えてやります。
間引いた芽は、オムレツに使いました。
あとは毎日水をやります。ハーブはもともとが雑草ですから、
放っておいてもどんどん大きくなります。
あるていど大きくなったら、中心の先端部分を切ってやり、
茎が上へ伸びるのではなく、横全体に拡がっていくように、
形を整えてやります。
こうすればバジル全体に日光が行き渡り、大きく育つことができるからです。
バジルは水やりさえ忘れなければ育てやすい野菜です。
いまでは毎日のようにベランダに行って、2?3枚を摘んでは料理に使っています。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

段ボールコンポストの堆肥で育つミニトマト

小学生の子供が学校でミニトマトを育てるというので 家でも庭に植えてチャレンジしました。 苗はホームセンターに販売してあるごく普通の ミニトマトの苗を購入して使用しました。 植えた場所はプランターを当初 …

no image

家庭菜園で伏見とうがらしを栽培しました

京都の人なら誰でも知ってる「伏見とうがらし」、 京の伝統野菜の一つです。 細長い形をしてるところから「ひもとう」ともいわれます。 名前は「とうがらし」となってますが、一般のとうがらしとは別物で、 風味 …

no image

トマトとニラの混植栽培

いつだったか?テレビでミニトマトの栽培をしているのを観て 根元に一緒にニラを植えると良いと紹介していた番組がありました。 我が家は餃子も好きなので試してみることにしました。 ミニトマトはアイコ(赤)を …

no image

育てやすいキュウリ品種ピノキオ

私が家庭菜園で育ててみて良かった野菜は、 きゅうりの「ピノキオ」という品種です。 ピノキオは分類でいうと「ミニきゅうり」というもので、 一般的なきゅうりよりも長さが短いのが特徴です。 大体12センチく …

no image

家庭菜園で旬のナスを楽しむ

我が家では、毎年雪が溶ける4月の下旬頃から、 家庭菜園の準備が始まります。 雪が溶けてくれると、3m四方くらいの畑が顔を出し、 そこにまず土の準備を始めます。 ホームセンターなどで腐葉土などを買い、 …