初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

植物の生育に必要なもの|家庭菜園の野菜肥料の知識

投稿日:

植物の栄養素

植物の生育とはその植物の生命を維持するために細胞を増やし続けることです。

スポンサーリンク

一年生の植物の一生は、まず発芽から生長をへて、花を咲かせ、
やがて実を結び、結実した種子の中に声明を保存し、そして次世代へ引き継がれます。

野菜はその生育期間の中で窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)などの
栄養分を過不足なく吸収します。

⇒肥料の三大要素

スポンサーリンク

野菜が必要とする養分に対して、土から供給される養分が
ちょうどいいくらいにあれば植物の生育は順調に進みます。

養分が多すぎたり、または不足すると野菜に過剰症や欠乏症があらわれ
やがて生育が停止して、枯れてしまいます。

土壌中の栄養分は、もともとある土の成分だけでは足りないので
肥料をあたえることによって野菜の生育を助けることになります。

⇒野菜に必要な微量要素

⇒窒素肥料について

⇒リン酸肥料について

⇒カリ肥料について

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

no image

日照不足の時の肥料の考え方|上手に量を調節して上げる

私たち日本人は米を主食としますが、植物は、日光と、二酸化炭素、水の3つを主食としています。 そのため、野菜にとって日当たりや、温度、水やりはとても重要であり、それによって大きく生長が左右されます。 肥 …

no image

肥料の3大要素を覚えよう|家庭菜園の肥料の知識

野菜には、必要な元素というものがあります。野菜の中には、約50種類以上もの元素があると言われていますが、そのうち、必須となるのは17種類です。 この17種類の必須元素は、野菜が生命活動を行うのに欠かせ …

家庭菜園 ダイコン

大根の肥料の与え方|おいしいダイコンの育て方

ダイコンの肥料はうねの中央に溝を掘り 有機肥料を埋めておきます スポンサーリンク

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

カテゴリー

最近のコメント