初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

植物の生育に必要なもの|家庭菜園の野菜肥料の知識

投稿日:

植物の栄養素

植物の生育とはその植物の生命を維持するために細胞を増やし続けることです。

スポンサーリンク

一年生の植物の一生は、まず発芽から生長をへて、花を咲かせ、
やがて実を結び、結実した種子の中に声明を保存し、そして次世代へ引き継がれます。

野菜はその生育期間の中で窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)などの
栄養分を過不足なく吸収します。

⇒肥料の三大要素

スポンサーリンク

野菜が必要とする養分に対して、土から供給される養分が
ちょうどいいくらいにあれば植物の生育は順調に進みます。

養分が多すぎたり、または不足すると野菜に過剰症や欠乏症があらわれ
やがて生育が停止して、枯れてしまいます。

土壌中の栄養分は、もともとある土の成分だけでは足りないので
肥料をあたえることによって野菜の生育を助けることになります。

⇒野菜に必要な微量要素

⇒窒素肥料について

⇒リン酸肥料について

⇒カリ肥料について

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

no image

家庭菜園で使える堆肥の種類|家畜糞堆肥の特徴

家庭菜園の土作りの説明には、良く「堆肥」という言葉が使われると思いますが、 この堆肥というのは、具体的にどんな状態の肥料なのでしょうか? スポンサーリンク

no image

家庭菜園での肥料の欠乏の症状|必須元素の不足は生育の妨げになります

野菜の生長に欠かせない元素のことを、必須元素といいます。これは、さまざまな物質の原料となって、植物の生長を整えたりします。 必須元素の不足は、野菜のさまざまな生長の妨げとなり、欠乏症を起こしますので、 …

窒素 肥料

窒素肥料とは|肥料の三大栄養素(N)の効果

窒素の必要性 生物の生命力は細胞の原形質にあって、原形質の約半分は窒素化合物です。 原形質の主成分はたんぱく質であり、たんぱく質は生命現象に重要な役割を果たす化合物です。 窒素はたんぱく質の構成文でた …

カテゴリー

最近のコメント