初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土作りの手順 家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作り手順1 土おこし|畑全体を天地返しして柔らかい土にする

投稿日:

土作りの手順を紹介します。土作りの目的は大きく分けて二つあります。一つは植物に必要な養分を補うことです、二つ目は長く野菜が育てられるように土壌環境を作ることです。

スポンサーリンク

家庭菜園での土作りには大きく2つの目的があります

まず一つ目はこれから植える野菜の生育に必要な養分を補うことです
もう一つは来年や再来年、長く野菜が育てられるように
先を見通した施肥です

土作りの手順1 土おこし

土作りで最初に行う作業が土おこしです
昆虫と同じように冬の間眠っていた土を起こしてあげましょう
家庭菜園 土起こし
以前にその場所がどんな使われていたかにもよりますが
前に植えてあった植物の根が残っていたり
長く使っていない土地の場合は
土がカチカチにかたまっているかもしれません

畑を綺麗にするポイントは、まず、除草作業があります。
雑草などが生えている場合は、除草作業を行い、畑に余計なものがないようにします。

スポンサーリンク

次に、石やゴミなどです。
前作の残りはもちろん、大きな石や、ゴミなどもできる限り取り除き、
畑を綺麗にしておいてください
家庭菜園 土起こし
道具はスコップを用意します

ひと起こしが30センチくらいになるように
スコップも刃先の長さが30センチくらいのものを用意すると便利です

固まった土のかたまりをほぐすように、深さ30センチほどまで、
良く耕しておきます。

耕うん後は、平坦な土地となるように土を平らにしていきます。
こうすることで、肥料の配分が均等になりやすくなる、畝が作りやすい
などといったメリットがあります。

畑にでこぼこができてしまうので
起こした土は移動させないようにしましょう

表面がボコボコの状態では、水はけが悪くなってしまうこともあるので、
畑を綺麗に耕した後は、整地しておくようにしてください。

⇒家庭菜園の土作り手順2

スポンサーリンク

-土作りの手順, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

no image

家庭菜園の土の作り方

家庭菜園で野菜を作るたびに土は酸性度が強くなるので、収穫の後、家庭菜園の畑を耕すときに畑全体に石灰または苦土石灰を1?あたりに200?400gくらいを混ぜ、よく耕します。 ここで、気をつけることは家庭 …

no image

ポイント2 うねを高くして水はけをよくする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園で育てるほとんどの野菜は過度の湿気を嫌います 水はけがわるく、いつまでも湿り気のある土は、野菜の根が傷み、いろいろな病気の発生の原因となります 排水性をよくするのであれば土をよく耕して、土の中 …

no image

有機物の施用| 土の透水性、保水性、保肥力、通気性の改善

家庭菜園に有機物を投入することによって、 土粒問に適度なすき間ができます。 これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、 土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。 よく耕すことによ …

野菜つくり

土壌のpH測定|野菜作りに土壌のpHは重要

野菜を作るには、畑の土の状態を よく知っておくことが大切です。 スポンサーリンク 初めに土の酸性度に注意します。 土壌酸性値はpH値で表示され、pH4-6を酸性土、 pH8-9をアルカリ土といいます。 …

カテゴリー

最近のコメント