初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

コンパニオンプランツ 家庭菜園の病害虫防除

コンパニオンプランツ一覧|上手に使えば家庭菜園の病害虫防除に

投稿日:

コンパニオンプランツは、ある植物の生育を助けたり、
病害虫から守ったりするために一緒に植える植物のことを言います。
共栄作物とか共栄植物と呼ばれることもあります。

スポンサーリンク

薬剤の使用をなるべく少なくするために、
また植物同士が助け合って共に栄えるということで
ガーデニングや野菜作りの専門家の間でも注目されていて、
欧米を中心に研究が進んでいます。

目的に合わせて上手にコンパニオンプランツを利用すると
農薬や肥料が必要なくなります。

家庭菜園では、できるだけ農薬を使いたくないから、
上手にコンパニオン・プランツを利用したいですね。

ただ、これらに薬剤のような確実な効果は期待できません。
植物のおかれている環境によって効果は一定ではなく、
期待通りにはいかない事もあるでしょう。

ですから、
寄せ植え感覚で楽しみながら植えてみて下さい。

思わぬ効果を発見なんて事もありますよ!

相性のよい植物の例

 

スポンサーリンク

家庭菜園の野菜 組み合わせる植物 効果
トマト バジル 生育を促進させる。
ハエ、蚊など寄りつかない。
マリーゴールド 病害虫を防ぐ。 生育を促進させる
セージ 食味がよくなる。
ボリジ 食味がよくなる。
ミント 害虫の天敵となる益虫を呼び寄せる。 アブラムシを寄せ付けない
パセリ 食味がよくなる。
害虫の天敵となる益虫を呼び寄せる。
ピーマン ナスタチウム テントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する
つるなしインゲン 害虫を防ぐ。 生育を促進させる
キュウリ 長ネギ 土壌病害を防ぐ。生育を促進させる
マリーゴールド センチュウを防ぎ、土を活性させる
オレガノ 食味がよくなる。
チャイブ(ニラ、ネギ) つる割病、青枯病等を防ぎ、
アブラムシ等の害虫も防ぐ
ナス ナスタチウム テントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する
チャイブ 青枯病などを防ぐ
ジャガイモ チャイブ(ニラ、ネギ) つる割病、青枯病等を防ぎ、
アブラムシ等の害虫も防ぐ
カボチャ 長ネギ 、 ニラ 土壌病害を防ぐ。 害虫を防ぐ
オレガノ 食味がよくなる。
ダイコン ナスタチウム アブラムシが嫌う。
マリーゴールド 病害虫を防ぐ。 生育を促進させる
キャベツ レタス ヨトウムシ、コナガ等の害虫を防ぐ。
雑草を生えにくくする
ミント アブラムシ、アオムシが減り、
食味がよくなる。
セージ モンシロチョウが卵を産み付けるのを防ぐ。
マリーゴールド 土中の害虫も退治して、
土を活性させる。
ブロッコリー マリーゴールド 害虫を防ぐ。 生育を促進させる。
ミント アオムシやアブラムシが減る。
食味がよくなる。


↑センチュウ抑制効果の高いマリーゴールド
「アフリカントール」

一般に良いといわれているコンパニオンプランツの例を挙げましたが、
コンパニオンプランツは植えたからといって

必ず効果が上がるというわけではありません。

コンパニオンプランツは、
その地域の気候、生息する虫などの種類によって、

植物同士の相性が変わってきますので、
きちんと把握した上で行う必要があります。

コンパニオンプランツの奥はなかなか深く、
その効果を最大限に活かすためには、

まず自分の庭の気候や生息する虫達を知ることが大切です。

家庭菜園を豊かに、
そしてにぎやかにしてくれるコンパニオンプランツは

いろいろな発見があって楽しいものです。

あまり深く考えず、少しずつ観察し、
試しながら自分の気に入った組み合わせを

増やしていけば良いと思います。

⇒家庭菜園の病害虫防除

スポンサーリンク

-コンパニオンプランツ, 家庭菜園の病害虫防除
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

虫の防除は苗が小さい時が重要|家庭菜園の害虫防除

家庭菜園の野菜つくりで苗が小さいうちに害虫に葉を食べられてしまうと 致命的になることが多いです。 とくに通称シンクイムシと呼ばれるハイマダラノメイガに要注意です。 野菜が枯れてしまったり、枯れなくても …

no image

アブラナ科野菜(コマツナ、キャベツなど)の根こぶの原因|輪作栽培が1番の連作障害の予防

コマツナやキャベツの根の部分にコブのようなものが出来てしまった場合は、 連作障害による「根こぶ病」を疑ってください。 水やり・肥料・天候の観点が原因になることもありますが、 コブが出来ているという現象 …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

no image

家庭菜園での害虫の駆除方法

ピンセットで虫を取り除く 家庭菜園で発生するアオムシ、ヨトウムシなどの大型害虫は ピンセットなどで捕獲して駆除します。 毎日葉の表だけでなく、裏までひっくり返して観察して発見します。 とくに食害されて …

no image

ポイント6 同じ種類の野菜を連続で栽培するのを避けて輪作を心がける |家庭菜園の病害虫防除

同じ場所で同じ種類の野菜あるいは同じ科の野菜を作り続けていると病害虫のリスクが高まります(連作障害) ⇒連作障害にならないように野菜の科を覚えよう これは畑の土の中の微生物、養分のバランスがわるくなる …

カテゴリー

最近のコメント