初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

じゃがいもの育て方 トマトの育て方 ナスの育て方 ピーマンの育て方 家庭菜園の連作障害対策 家庭菜園栽培の基本

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

投稿日:

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

スポンサーリンク

植物は大きくいくつかの「科」に分類されます。

野菜はナス科、アブラナ科、ウリ科などが多くあり、
「科」によって特性が似ていたり、 かかりやすい病害虫が共通しています。

ナスはもちろんナス科です。
家庭菜園 ナス
ナス科の野菜は他にもトマト、ピーマン、ジャガイモがあります。
家庭菜園 ピーマン

ナスはインド原産で、強い太陽光と高温を好む野菜です。
一年中暑い熱帯では、季節を選ばず花をつけます。
ナス科植物は一定の葉の数ごとに花を咲かせ、
実をつける性質を備えています。
ナスの花
日本のように四季のあるようなところでは
暑い時期に実がなるようなタイミングで、
苗を作り、樹を大きく育てなければ、うまく実がつきません。

日本で春に植え付ける野菜にナス科野菜が多いのはこのためです。
また、ナス科野菜の共通の病気に 青枯病という土壌伝染性病害があります。
収穫目前にして、急激にしおれ、枯れてしまう厄介な病気です。

いったん青枯病が発生すると、 しばらくその土では、
ナスはもちろんナス科野菜も作れません。

スポンサーリンク

ジャガイモもナス科なの?というかたは結構多いです。

ジャガイモ 花

だからジャガイモの作った後には
ナスやピーマン、トマトは作らないようにしましょう。

このように「科」を知っておくことは
家庭菜園での作業や栽培管理をするうえで有効です。

家庭菜園でこれから栽培しようとしている野菜が

どの科なのか?

どの仲間なのか?

をきちんと把握して栽培計画を立てましょう。

ナスの栽培特性

ピーマンの栽培特性

じゃがいもの栽培特性

トマトの栽培特性

ナスの種まき

ナスの育苗・鉢上げ

ナスの定植

ナスの仕立て方・誘引

スポンサーリンク

-じゃがいもの育て方, トマトの育て方, ナスの育て方, ピーマンの育て方, 家庭菜園の連作障害対策, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でできるトンネル栽培|葉菜類を育てる

秋野菜の収穫期を迎えた頃になったら、トンネル栽培で育てられる、 野菜の種まきを行いましょう。 ほうれん草、小かぶ、春菊、小松菜などがその時期を種まきの適期とする、 代表的な野菜です。露地まきは、冬どり …

トマト

トマトの栽培・育て方|連作障害に注意!

トマトは学名でLYCOPERSICON ESCUIENTUM、 食用になる「狼の桃」、フランス語では「愛のリンゴ」、 イタリア語では「黄金のリンゴ」 と呼ばれているナス科の野菜です。 スポンサーリンク

no image

トマトの原産地と適した環境

トマトは、古くから私たちの食料として食べられてきた野菜です。 そもそもの原産は、南米アンデス山脈の高地にて生まれましたので、 トマトは、高温多湿の状況をとても嫌います。 日中の強い日差しは好む植物では …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

no image

家庭菜園で収穫したジャガイモの保存方法

ジャガイモは1つの種イモから2kgほど収穫できます たくさん植えて大量に収穫したときは上手に保存しましょう 保存適温は5℃?10℃前後で光の当らない涼しいところで保存しましょう 4℃以下なるとでんぷん …

カテゴリー

最近のコメント