ホーム » 家庭菜園の土作り » 土の役割

スポンサードリンク

土の役割カテゴリの記事一覧

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

dannryuuka.gif

土には粘土質のものや砂のようなものまで
いろいろなものがあります

家庭菜園での野菜作りに適しているのは
団粒構造とよばれている土です

団粒構造とは土の粒がくっついて
小さな団子状になっている状態のことで
土の団子と団子の間には隙間があり、
通気性や排水性がいいのが特徴です

また一つ一つの土の団子が
水分を蓄えるので保水性もよくなります

このような団粒構造の土を作っているのは
微生物やみみずなどの土の中にすむ生き物たちです

土壌生物の活動によって土の中にある
枯葉や生物の死骸などの有機物が分解され
土壌生物の出す粘液やふんなどが土と土を結び付けて
団粒構造となります


家庭菜園の畑に堆肥を入れると堆肥をえさにして
土壌生物の活動が盛んになり土が団粒化していきます



土壌生物がたくさん増えると
バランスがとれた豊かな土壌になり
特定の病原菌などが増加することができなくなるため
病害虫の予防にもなります


⇒家庭菜園の土作り手順


スポンサードリンク

よい土壌の条件|家庭菜園で上手に野菜を育てるには?

「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。よい土壌とは・...

続きを読む

土の団粒化とは

一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。単粒が集まった単粒土は、...

続きを読む

野菜作りでは土作りが大切

◆ 野菜作りの基本は、なんといっても、土作りが最も大切 ◆ 植物の茎、葉、花など...

続きを読む

家庭菜園の土の役割

◆ 植物が倒れないように支える ◆ 植...

続きを読む

  • 1

Return to page top