初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土の役割 家庭菜園の土作り

土の団粒化とは

投稿日:

cf005d-s.jpg

一つ一つの土の粒はとても細かくて、
単粒と呼ばれています。

単粒が集まった単粒土は、
土粒のすき間が小さいために
すぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。

しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、
根にとって理想的な住まいです。

スポンサーリンク

dannryuuka.gif

団粒の隙間は大きいので空気と水が通りやすく、
団粒の表面にも内部にも養分や水分を
たっぷりたくわえているので、
保水性と保肥力にも富む土になります。

普通の土でも団粒土なら根にとってよいのですが、
軽石・有機物・人工砂礫などを混入することによって
団粒構造に変えることができます。

スポンサーリンク

-土の役割, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の土作り手順3 うね作り|高く盛り上げるよりも通路をつくる感覚

土作りの手順3 うねを作る うねというと土が盛り上がった細長い形が想像できますね しかしうねを立てるほど野菜が植えられない法面がたくさんできてしまい 家庭菜園の限られた畑の使い方としてはもったいないで …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

ポイント2 うねを高くして水はけをよくする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園で育てるほとんどの野菜は過度の湿気を嫌います 水はけがわるく、いつまでも湿り気のある土は、野菜の根が傷み、いろいろな病気の発生の原因となります 排水性をよくするのであれば土をよく耕して、土の中 …

no image

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。 ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を …

カテゴリー

最近のコメント