初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土の役割 家庭菜園の土作り

土の団粒化とは

投稿日:

cf005d-s.jpg

一つ一つの土の粒はとても細かくて、
単粒と呼ばれています。

単粒が集まった単粒土は、
土粒のすき間が小さいために
すぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。

しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、
根にとって理想的な住まいです。

スポンサーリンク

dannryuuka.gif

団粒の隙間は大きいので空気と水が通りやすく、
団粒の表面にも内部にも養分や水分を
たっぷりたくわえているので、
保水性と保肥力にも富む土になります。

普通の土でも団粒土なら根にとってよいのですが、
軽石・有機物・人工砂礫などを混入することによって
団粒構造に変えることができます。

スポンサーリンク

-土の役割, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

プランター栽培に必要な培養土|簡単!家庭菜園

プランター栽培をする場合の容器の基本は、底に排水できる穴があること、一定量の培養土を入れることができるものとなります。 そのため、肥料の入っていたポリ袋を利用したプランター栽培や、発泡スチロール製の箱 …

野菜つくり

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 スポンサーリンク それを植物質堆肥といいます …

no image

家庭菜園の土の役割

◆ 植物が倒れないように支える ◆ 植物は地中に根をしっかりと張る事によって 強風などでも倒れないように 地上部にある茎や幹を支えています。 ◆ 根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する ◆ …

no image

水はけのよい土|団粒構造は通気性と保水性のバランスをよくする

水はけが良い土、水の通りやすさのことを排水性が高い、透水性が高いという表現をします。 しかし、排水性が高すぎてしまうと、土の中に水分が留まらず、すぐに土が乾き、水分不足を起こしてしまうことがあります。 …

野菜つくり

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、 具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか? スポンサーリンク