初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土の役割 家庭菜園の土作り

よい土壌の条件|家庭菜園で上手に野菜を育てるには?

投稿日:

「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。

よい土壌とは・・・・・

水もち、水はけ、通気性、保肥力のある土壌です。
豊富にミネラル分を含んでいる土壌です。
良い微生物が繁殖している土壌です。

固層40%、気層30%、液層30%がベストバランスです

スポンサーリンク

良い土壌をつくるには・・・・・

 良質の堆肥と良質の粘土を入れることです。
   ↓     ↓
物理面を改善  化学面を改善
    
      ↓
      ↓
   微生物面を改善
      ↓
      ↓
発根をスムーズにし、生育が良くなります。

スポンサーリンク

-土の役割, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

単粒構造と団粒構造とは|家庭菜園の土作りの基礎知識

野菜を良く育てるには、土の構造についても理解を深めておく必要があります。 この記事では、単粒構造と団粒構造、2つの土の構造の違いについて、 詳しく紹介させて頂きます。 ■単粒構造とは? 砂や粘土などの …

no image

土の団粒化とは

一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。 単粒が集まった単粒土は、土粒のすき間が小さいためにすぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。 しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、根 …

no image

プランター栽培に必要な培養土|簡単!家庭菜園

プランター栽培をする場合の容器の基本は、底に排水できる穴があること、一定量の培養土を入れることができるものとなります。 そのため、肥料の入っていたポリ袋を利用したプランター栽培や、発泡スチロール製の箱 …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

no image

アースチェック液の使い方|家庭菜園の土壌pHの測定方法

◆手軽に測定◆より良い環境で植物を育てましょうpH測定液・アースチェック5ml一目でわかる土壌… スポンサーリンク 植物にはそれぞれ栽培にてきした土壌酸度があり、適した土壌で育てることが大 …