初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土の役割 家庭菜園の土作り

よい土壌の条件|家庭菜園で上手に野菜を育てるには?

投稿日:

「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。

よい土壌とは・・・・・

水もち、水はけ、通気性、保肥力のある土壌です。
豊富にミネラル分を含んでいる土壌です。
良い微生物が繁殖している土壌です。

固層40%、気層30%、液層30%がベストバランスです

スポンサーリンク

良い土壌をつくるには・・・・・

 良質の堆肥と良質の粘土を入れることです。
   ↓     ↓
物理面を改善  化学面を改善
    
      ↓
      ↓
   微生物面を改善
      ↓
      ↓
発根をスムーズにし、生育が良くなります。

スポンサーリンク

-土の役割, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

プランター栽培に必要な培養土|簡単!家庭菜園

プランター栽培をする場合の容器の基本は、底に排水できる穴があること、一定量の培養土を入れることができるものとなります。 そのため、肥料の入っていたポリ袋を利用したプランター栽培や、発泡スチロール製の箱 …

no image

野菜作りでは土作りが大切

◆ 野菜作りの基本は、なんといっても、土作りが最も大切 ◆ 植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、 下半身にあたるのが根です。 地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、 地下にある根は忘 …

野菜つくり

単粒構造と団粒構造とは|家庭菜園の土作りの基礎知識

野菜を良く育てるには、土の構造についても理解を深めておく必要があります。 この記事では、単粒構造と団粒構造、2つの土の構造の違いについて、 詳しく紹介させて頂きます。 ■単粒構造とは? 砂や粘土などの …

no image

pH試験紙ユニバーサルで家庭菜園の土壌のpHを測定する

pH指示薬をろ紙に含浸させて乾燥させたものがpH試験紙です。 液のpH(水素イオン濃度)がどの程度であるかを判定します。 小学校のときに実験でリトマス試験紙を使ったことがあるのを覚えている人もいるでし …

no image

家庭菜園の土作り|おいしい野菜を作るポイント

家庭菜園での野菜つくりでのポイントは なんといっても土つくりです。 化成肥料や農薬を使いたくないという方には 元肥の役割が重要となってきます。 家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。 ひと …

カテゴリー

最近のコメント