初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土の役割 家庭菜園の土作り

野菜作りでは土作りが大切

投稿日:

◆ 野菜作りの基本は、なんといっても、土作りが最も大切 ◆
r6a1b002c-s.jpg

植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、
下半身にあたるのが根です。

地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、
地下にある根は忘れられた存在になりがちです。

しかし、根はいろいろな面で植物体を支えている
大黒柱のようなものであり、大切な器官です。

植物の根の役割は、
まず上半身である葉や茎を倒れないようにしっかり支えることです。
人間がまっすぐ立つのに足腰が重要であるのと同じです。

スポンサーリンク

そしてさらに大切な役目は、
養分を吸収して、茎や葉に送ることです。
また養分だけでなく、水も空気(酸素)も取り込んでいます。

土にとけている肥料成分から、
植物が利用できる成分を必要なだけ選んで吸収します。

つまり、根は食物を取り入れる口であり、
消化する胃腸でもあるのです。

植物は葉で呼吸するだけでなく、
根でも土中の酸素を取り込んで、
体内で等分などの有機物を燃焼させ、
炭酸ガスを出しています。

そして、このときのエネルギーで土中の水と養分が吸収されます。

そのため、土の構造が大切になってくるのです。

スポンサーリンク

-土の役割, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

日本の土壌は酸性土壌なので、 一般には土壌改良材を利用して 野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、 大部分の養分はpH6?7で水に解 …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

家庭菜園 土起こし

家庭菜園の土作り手順1 土おこし|畑全体を天地返しして柔らかい土にする

土作りの手順を紹介します。土作りの目的は大きく分けて二つあります。一つは植物に必要な養分を補うことです、二つ目は長く野菜が育てられるように土壌環境を作ることです。

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク

no image

土壌のEC値は簡単に測定できます|家庭菜園の土つくりは土壌診断から

土作りは、闇雲に必要となるものを入れるだけでは効果が発揮されません。まずは、その土地の土壌診断を行い、現在の土の状態はどうなっているのか、pH(酸度)はどうか、肥料成分はどれくらい含まれているのかを知 …

カテゴリー

最近のコメント