初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

サトイモの育て方

サトイモの収穫のポイントと上手な貯蔵方法

投稿日:

サトイモは、秋に入ると徐々に肥大していきます。
しかしその後、寒くなると生育はストップします。
収穫の適期は、霜が降りるほどの寒さになった頃となりますので、
収穫の時期を見逃さないようにしてください。
この時期以降の収穫となると、品質を大きく損ねる原因となります。
■サトイモの収穫のポイント
収穫前は、あらかじめ、葉柄を刈り取っておく必要があります。
大体、地上より4?5センチほどのところで、カットしておきましょう。
その後、株の側方に鍬を入れて小芋を外さないように注意しながら、
株全体を掘り上げて行きます。
収穫後、すぐに調理する場合は、その場で小芋、孫芋を親芋より取り外します。
株の一部の小芋を除去した後、側方より叩くようにして外していくと、
効率良く、収穫をすることが出来ます。
収穫した芋を貯蔵する時は、小芋を外さないようにしてください。
外してしまった後は、その外した部分より痛み始めていきますので、
故障株を多くさせないためにも、外さないようにしましょう。
その後、水はけの良い畑に幅40?50センチほど、深さ50?60センチの穴を作り、
その中へ、掘り起こした根株を入れます。
この時、断面を下方に向けて積み重ねるようにすると腐敗しにくくなります。
貯蔵穴への詰め込み作業の後は、貯蔵穴に雨が染み込まないように、
藁などを使って覆い、5センチ?6センチほど土を被せておきます。
更に寒い時期となったら、15センチ弱ほどの土を更に被せておき、
防寒対策を行います。
関東南部以降の温かい地域の場合であれば、自家用の種芋確保ほどの
貯蔵であれば、収穫せずに、大きく土を盛り上げるだけで越冬することも出来ます。
ある程度の防寒対策は必要となりますが、こちらの方法は、
とても簡単にサトイモを越冬させることが出来ますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

-サトイモの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

サトイモの原産地と日本での歴史|主なサトイモ品種

サトイモは、縄文時代より日本にて食べられている野菜ですが、 原産地は東南アジアです。熱帯アジアの方では、主食でもある、 タロイモ類の1つの品種群で、そのうち、最も北にて栽培されているのがサトイモです。 …

no image

サトイモの植え付け時期|生育適温は、25度?30度と高く、低温には弱い

ジャガイモの種芋は、検査に合格した種芋であるのに対し、 サトイモの場合は、土の付いた品質の良いものであるならば、 スーパーで購入したものでも、種芋にすることができます。 スーパーにて購入の時は、大体は …

家庭菜園 サトイモ

サトイモの植え付けの深さ|芽かきの作業も忘れずに

サトイモは、高温には強いものの、低温には弱い、そして、 乾燥に弱い特性のある野菜です。その点も踏まえ、 サトイモの栽培ポイントについて、紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク

no image

サトイモの収穫の目安|収穫は霜の降りる前までに

■追肥&土寄せの作業は、サトイモの肥大に重要 発芽の揃い出す6月頃になりましたら、最初に張った、 マルチフィルムを剥がして、追肥と土寄せの作業を行います。 化成肥料1平方メートルあたり20グラム程度を …

サトイモ

サトイモの追肥、土寄せ|1度に土寄せするのではなく、まめに行うのがポイント

形の良いサトイモの収穫のためには、追肥&土寄せが重要です。 1回目の土寄せは、発芽の揃った時に行います。 2回目は、親イモに子イモの付く、7月頃に行い、 孫イモの付く8月頃に3回目の土寄せを行います。 …

カテゴリー

最近のコメント