ほうれん草に適した土壌pH|酸性土壌をとても嫌う野菜

家庭菜園 ホウレンソウ ほうれん草の育て方

ほうれん草の栽培の注意点は、5つです。
甘みのある、美味しいほうれん草を栽培、収穫するためにも、
栽培のポイントに注意しながら、栽培してみてください。

家庭菜園 ホウレンソウ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

春まきの場合、秋まきの場合で、ほうれん草の品種を変える

 
 
ほうれん草を育てやすいのは、秋まきです。
ほうれん草の品種も、さまざまなものがありますが、多くの品種から、
選ぶことができます。
ただし、秋まきの時期は、気温が少し下がった頃に、べと病が、
起こる可能性があるので、注意してください。
べと病に抵抗する品種も販売されているので、そういった品種の種を、
入手すると良いかも知れませんね。
また、冬の時期にほうれん草を楽しみたいのであれば、防寒性の品種が良いでしょう。
 
 
ほうれん草は、少し育てにくくなりますが、春まきも可能です。
春まきの場合は、とう立ちしにくい、晩抽性品種を入手してください。
秋まきには利用しにくい品種となるので、そこもまた、注意が必要です。
 
 

ほうれん草は、酸性土壌をとても嫌う野菜

 
 
ほうれん草は、酸性土壌にとても弱い性質があるので、
土壌酸度には、充分気を付けて育て始める必要があります。
ちなみに、土壌酸度の強い土地で育て始めると、
本葉2枚?3枚の頃に、ほうれん草の生育が止まってしまいます。
 
 
原因は、土壌中の酸化アルミニウム(アルミナ)が溶けて、
根の生育を粗大することにあると言われています。
 
 
ほうれん草の生育に適した土壌酸度は、pH6.3?7.0くらいです。
日本の家庭菜園は、酸性土壌であることが多いですから、
苦土石灰や堆肥を使用して、土壌改善を行ってください。
 
 
この土壌酸度は、リトマス試験紙や、土壌酸度測定器という、
便利な機械にて、自宅で測ることもできます。
また、雑草からも見分けることができます。
スギナ、オオバコ、ヨモギが自生しているところは、酸性土壌、
ホトケノザ、オオイヌノフグリが自生しているところは、中性土壌に近いです。

⇒ホウレンソウの花が咲く時期

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
ほうれん草の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました