初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ほうれん草の育て方

ほうれん草の苗の立ち枯れを防ぐには?|高温多湿、日本の夏が苦手な野菜

投稿日:

■高温多湿、日本の夏が苦手なほうれん草
ほうれん草は、直播栽培で育てます。
連作障害防止として、1年間は、アカザ科の野菜を育てていない場所で
育てるようにしてください。
ほうれん草の種は、高温多湿であると、発芽しにくいものです。
秋の場合も、長雨により、多湿になることも多いので、注意してください。
種のまき方は、条播きが良いでしょう。
また、特殊なまき方として、ほうれん草はずらし栽培も良いと言われます。
ずらし栽培とは、1週間ごとに少しずつ種をまいていく方法のことです。
本来、種は、内部を守るため、固い果皮に包まれています。
そのため、昔は一晩水につけてから種まきをするというのが
定番でしたが、現在は、果皮の処理が行われてある種も、
販売されているので、そういった種を入手すれば、水に付けずに種がまけます。
■ほうれん草の苗の立ち枯れを防ぐには?
発芽の後、葉が2枚?3枚に増えるまでに、葉の元気がなくなり、
しおれたり、地際が細くなったり、根が枯れてしまうことがあります。
これは、苗立枯病と呼ばれる病気です。
この病気が起こりやすいのは、地温が17度?28度と、
高温にある時。また、雨が多く、水はけの悪い土地で発生しやすい病気です。
この病気の予防策は、消毒済みの種を使用することと、
高畝にして、水はけの良い土地を作っておくことが大切です。
また、ほうれん草を育てる時期は、強い雨が降ることもあるので、
ベタ掛け資材を使用して、雨から苗を守ってあげてください。

スポンサーリンク

-ほうれん草の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ほうれん草の育て方・栽培方法

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、 江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種 …

no image

ほうれん草の収穫の時期とタイミング|目安は草丈が20センチ以上

■ほうれん草は、ベタ掛け資材を利用して育てる 種まき後は、まだ小さい苗を保護するため、発芽を安定させるため、 害虫や、雨の影響から守るため、ベタ掛け資材を利用します。 気温の割と低い時期の栽培であれば …

no image

ほうれん草の花が咲く時期|春まき、夏まきはとう立ちしやすい

ほうれん草は、日の長さが、12?16時間以上になると、 育て始めてから、約15日ほどで、花芽が形成されます。 その後は、花茎が伸びて花が咲きます。 これを、「とう立ちする」「抽だい」と言います。 日の …

no image

ほうれん草の原産地|東洋種と西洋種の違い

ほうれん草は、寒さに晒すことで甘みが増し、美味しくなります。 そういったほうれん草の性質のため、少し前までは、 ほうれん草は、冬の野菜として、冬にしか食べられない野菜でした。 しかし、今は、1年中、ほ …

家庭菜園 ホウレンソウ

ほうれん草に適した土壌pH|酸性土壌をとても嫌う野菜

ほうれん草の栽培の注意点は、5つです。 甘みのある、美味しいほうれん草を栽培、収穫するためにも、 栽培のポイントに注意しながら、栽培してみてください。 スポンサーリンク スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント