初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ほうれん草の育て方

ほうれん草の苗の立ち枯れを防ぐには?|高温多湿、日本の夏が苦手な野菜

投稿日:

■高温多湿、日本の夏が苦手なほうれん草
ほうれん草は、直播栽培で育てます。
連作障害防止として、1年間は、アカザ科の野菜を育てていない場所で
育てるようにしてください。
ほうれん草の種は、高温多湿であると、発芽しにくいものです。
秋の場合も、長雨により、多湿になることも多いので、注意してください。
種のまき方は、条播きが良いでしょう。
また、特殊なまき方として、ほうれん草はずらし栽培も良いと言われます。
ずらし栽培とは、1週間ごとに少しずつ種をまいていく方法のことです。
本来、種は、内部を守るため、固い果皮に包まれています。
そのため、昔は一晩水につけてから種まきをするというのが
定番でしたが、現在は、果皮の処理が行われてある種も、
販売されているので、そういった種を入手すれば、水に付けずに種がまけます。
■ほうれん草の苗の立ち枯れを防ぐには?
発芽の後、葉が2枚?3枚に増えるまでに、葉の元気がなくなり、
しおれたり、地際が細くなったり、根が枯れてしまうことがあります。
これは、苗立枯病と呼ばれる病気です。
この病気が起こりやすいのは、地温が17度?28度と、
高温にある時。また、雨が多く、水はけの悪い土地で発生しやすい病気です。
この病気の予防策は、消毒済みの種を使用することと、
高畝にして、水はけの良い土地を作っておくことが大切です。
また、ほうれん草を育てる時期は、強い雨が降ることもあるので、
ベタ掛け資材を使用して、雨から苗を守ってあげてください。

スポンサーリンク

-ほうれん草の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ほうれん草の育て方・栽培方法

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、 江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種 …

no image

ホウレンソウの土つくり・畑の準備|酸性土だと生育がわるくなってしまう

ホウレンソウは酸性の土では生育がわるくなるので苦土石灰と堆肥をやや多めに畑に入れます スコップなどで深く耕した後、元肥をまいてうなを立てます 入れる量苦土石灰 1平方メートル当たり100g堆肥     …

no image

ほうれん草の収穫の時期とタイミング|目安は草丈が20センチ以上

■ほうれん草は、ベタ掛け資材を利用して育てる 種まき後は、まだ小さい苗を保護するため、発芽を安定させるため、 害虫や、雨の影響から守るため、ベタ掛け資材を利用します。 気温の割と低い時期の栽培であれば …

no image

ほうれん草の育て方|家庭菜園では秋の時期に種まきがおすすめ

ほうれん草は、アカザ科に属する野菜です。日本では、1年を通してサラダや鍋、おひたしなどの料理に使われますが寒ければ寒いほど、甘みが増し美味しいと言われています。 そのため、家庭菜園で育てる場合は秋蒔き …

no image

ほうれん草の種まきの時期|生育適温は10~20℃

ほうれん草は、非常に寒さに強い性質を持つ野菜です。 日本の辛い冬も乗り越えられる野菜ですが、その寒さへの強さは、 シベリアの寒地でも、栽培、収穫ができるほどだと言われます。 ほうれん草の生育適温は、1 …

カテゴリー

最近のコメント