初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ニンジンの育て方

ニンジンの種まき時期|生育適温は、18度?21度

投稿日:

ニンジンの生育適温は、18度?21度くらいですので、
やや涼しいくらいの気候に適しています。
しかし、苗の段階であれば、ある程度の高い温度でも耐えられるので、
家庭菜園では、夏に種まき、秋?冬に収穫が一般的です。
ニンジンの発芽適温は、15度?20度くらいです。
夏まきの場合、7月に種をまき、発芽まで1週間?10日ほど掛かります。
しかし、ニンジンは発芽が非常に難しい野菜とされているため、
種まきの成功=ニンジン栽培の成功とも言われます。
ニンジンは、セリ科のニンジン属の野菜です。
もともとは、水辺に自生する植物でしたので、種まき?発芽までは、
たっぷりと、水を与えて管理するのが重要です。
しかし、水の与えすぎや、水はけの悪い土地で育てた場合など、
過湿になると、発芽が行われなくなってしまいますので、注意が必要です。
ニンジンの種は好光性であるため、覆土は軽くしておくことや、
種まきの後に、ベタ掛け資材を使い、乾燥予防、発芽促進を行うのがポイントです。
また、種を適期にまくのも重要なポイントの1つになります。
ニンジンの種まきの適期は非常に短いので、
梅雨明け前の雨の次の日などを狙って種まきしますので、
ニュース、天気予報はチェックしておきたいですね。
早くまきすぎてしまえば、根が変形してしまいますし、
病害虫の被害にも遭いやすくなります。
逆に遅くまいてしまえば、乾燥で発芽が行われにくくなるため、
しっかりと、種まきの適期を逃さずに育て始めることが重要になってきます。

スポンサーリンク

-ニンジンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ニンジンの間引きと除草作業|幼苗のうちは密植状態のまま育てていきます

■間引き&除草の作業 幼苗のうちは、ニンジンは密植状態のまま育てていきます。 1回目の間引きは、本葉が1枚?2枚程度になった頃に行います。 大体、3?4センチ程度の間隔になるように間引いて行きます。 …

no image

ニンジンの種まきのコツ|時期としては夏まきがおすすめ

ニンジンは食卓でも良く口にされる野菜の1つかと思います。家庭菜園を初めてやる方の多くは、普段口にしている野菜を中心に栽培計画を立てて行くと思いますので、ニンジンもとても人気です。 しかし、ニンジンは「 …

no image

ニンジンは発芽までが重要|種まきの後は、乾燥に注意する

家庭料理に欠かせないニンジンを、家庭菜園で育てる場合は、 発芽までが重要です。発芽の難しいとされるニンジンは、 発芽してしまえば、成功とも言われているくらいなのです。 ニンジン栽培を成功させるためにも …

no image

ニンジンの原産地と東洋系、西洋系の品種

ニンジンの原産地は、アフガニスタン周辺です。 普段良く私たちが食べているものは、西洋系品種と呼ばれるニンジン。 その他に、細くて長い東洋系品種のニンジンがあります。 ■東洋系の品種 東洋系の品種のもの …

no image

夏にまくニンジンの種まき方法|暑さに負けぬよう 充分注意が必要

ニンジンは、食卓にも並べやすい食材のため、家庭菜園でつくる野菜としても非常に人気です。 また、夏にまくニンジンは適温条件が秋の温度と一致するので、非常に育てやすく、秋から冬まで長い収穫が可能です。 た …

カテゴリー

最近のコメント