初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ニンジンの育て方

ニンジンの原産地と東洋系、西洋系の品種

投稿日:

ニンジンの原産地は、アフガニスタン周辺です。
普段良く私たちが食べているものは、西洋系品種と呼ばれるニンジン。
その他に、細くて長い東洋系品種のニンジンがあります。
■東洋系の品種
東洋系の品種のものは、16世紀頃に日本に渡来し、
全国各地で栽培が行われるようになりました。
最も知名度の高いのは、「金時にんじん」と呼ばれるもので、
赤み、甘味の強く、臭みの少ないニンジンです。
家庭菜園においては、根が長い分、育てるのは難しいとされ、
初心者向きの野菜ではないかも知れませんが、煮物に炒めもの、
生食もできると、使い勝手の良い野菜ですから、
挑戦してみるのも良いと思います。
■西洋系の品種
西洋系のニンジンは、トルコにて作られたもので、
12?13世紀頃にヨーロッパに渡来したと言われています。
日本に来たのは、まだまだ最近、19世紀の初期になってからです。
根の長さは、だいたい15?20センチ程度のニンジンで、
東洋系の品種に比べて、短く太いのが特徴です。
日本に来たのは、こちらの方が後になりますが、
戦後、急速に日本で普及したため、多くの日本人は、
ニンジンと言うと、この西洋系の品種をイメージすると思います。
東洋系品種と比べると、根が短い分育てやすいと言われ、
種まき後、発芽さえ揃えば成功とも言われるくらいです。
さまざまな調理法で楽しめる、家庭料理には代表的な野菜となりますので、
是非、ご家庭でも、ニンジンの栽培に挑戦してみてください。

スポンサーリンク

-ニンジンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ニンジンの間引きと除草作業|幼苗のうちは密植状態のまま育てていきます

■間引き&除草の作業 幼苗のうちは、ニンジンは密植状態のまま育てていきます。 1回目の間引きは、本葉が1枚?2枚程度になった頃に行います。 大体、3?4センチ程度の間隔になるように間引いて行きます。 …

no image

ニンジンは発芽までが重要|種まきの後は、乾燥に注意する

家庭料理に欠かせないニンジンを、家庭菜園で育てる場合は、 発芽までが重要です。発芽の難しいとされるニンジンは、 発芽してしまえば、成功とも言われているくらいなのです。 ニンジン栽培を成功させるためにも …

no image

夏にまくニンジンの種まき方法|暑さに負けぬよう 充分注意が必要

ニンジンは、食卓にも並べやすい食材のため、家庭菜園でつくる野菜としても非常に人気です。 また、夏にまくニンジンは適温条件が秋の温度と一致するので、非常に育てやすく、秋から冬まで長い収穫が可能です。 た …

no image

ニンジンの収穫のタイミング|重さが200グラム程度になるのが理想

ニンジンは、隣の葉と触れるくらいの密植状態で育てます。 これを、「共育ち」と言います。ニンジンの葉は、切れ込みが多いため、 株の競争は穏やか、間引きは急がなくても大丈夫です。 ニンジンに限らず、根菜類 …

no image

ニンジンの種まきのコツ|時期としては夏まきがおすすめ

ニンジンは食卓でも良く口にされる野菜の1つかと思います。家庭菜園を初めてやる方の多くは、普段口にしている野菜を中心に栽培計画を立てて行くと思いますので、ニンジンもとても人気です。 しかし、ニンジンは「 …

カテゴリー

最近のコメント