ホーム » 野菜の育て方 » ハーブの育て方 » バジルの育て方|家庭菜園で栽培すれば新鮮なものが収穫できる

スポンサードリンク

バジルの育て方|家庭菜園で栽培すれば新鮮なものが収穫できる

家庭菜園では、家庭の食卓にはなかなか取り入れられない
様々な野菜を作ることが出来るというメリットがあります。


しかし、イタリアン、パスタに使われているような野菜たちは、
名前も知っていて、味も分かってはいても、なかなか日本の食卓には
取り入れられるシーンがありません。


そんな野菜の中でもバジルは、育てやすく食卓にも使いやすいため、
家庭菜園でバジルを栽培している人も増えてきています。


ハーブの一種と知られているバジルの採りたては、
お店で買ってきたものや、既に調理が済んでいるものとは、
比べ物にならないほど、香りが爽やかで豊かです。


最近、流行しているジェノベーゼなどにすれば冷凍保存も出来、
サラダやパスタのドレッシング・ソースとして楽しむことが出来ます。


そんなバジルの育て方ですが、深さ1センチほど直径5センチほどの
穴を20?30センチの感覚で作っていき、種を1箇所につき3粒ほど
まいていきます。


種をまいた後は、種が隠れる程度に土をかけていき、
手で良く抑えておきます。


苗から栽培する場合も、20?30センチほどの感覚で植え付けます。
プランターを使う場合は、長さ60センチほどのプランターを用意し、
そのプランターに2株を目安に植え付けます。


バジルは、乾燥した土を好む傾向があり肥料はあまり必要ではありません。
ハーブ用にブレンドされた培養土なども販売されていますので、
そちらを使うと、培養土にも悩みません。


地植えで栽培する場合には、牛糞・堆肥などの土壌改良を行い、
浸水性が高く水はけの良い土に栽培をしましょう。

スポンサードリンク

Return to page top