ホーム » 家庭菜園の病害虫防除 » コンパニオンプランツ一覧|上手に使えば家庭菜園の病害虫防除に

スポンサードリンク

コンパニオンプランツ一覧|上手に使えば家庭菜園の病害虫防除に

ilm02_ab04013-s.jpg

コンパニオンプランツは、ある植物の生育を助けたり、
病害虫から守ったりするために一緒に植える植物のことを言います。
共栄作物とか共栄植物と呼ばれることもあります。


薬剤の使用をなるべく少なくするために、
また植物同士が助け合って共に栄えるということで
ガーデニングや野菜作りの専門家の間でも注目されていて、
欧米を中心に研究が進んでいます。


目的に合わせて上手にコンパニオンプランツを利用すると
 農薬や肥料が必要なくなります。


家庭菜園では、できるだけ農薬を使いたくないから、
上手にコンパニオン・プランツを利用したいですね。
 
ただ、これらに薬剤のような確実な効果は期待できません。
植物のおかれている環境によって効果は一定ではなく、
期待通りにはいかない事もあるでしょう。

ですから、 寄せ植え感覚で楽しみながら植えてみて下さい。
思わぬ効果を発見なんて事もありますよ!



相性のよい植物の例


家庭菜園の野菜組み合わせる植物効果
トマトバジル生育を促進させる。 
ハエ、蚊など寄りつかない。
マリーゴールド病害虫を防ぐ。 生育を促進させる
セージ食味がよくなる。
ボリジ食味がよくなる。
ミント害虫の天敵となる益虫を呼び寄せる。 アブラムシを寄せ付けない
パセリ食味がよくなる。
害虫の天敵となる益虫を呼び寄せる。
ピーマンナスタチウムテントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する
つるなしインゲン害虫を防ぐ。 生育を促進させる
キュウリ長ネギ土壌病害を防ぐ。生育を促進させる
マリーゴールドセンチュウを防ぎ、土を活性させる
オレガノ食味がよくなる。
チャイブ(ニラ、ネギ)つる割病、青枯病等を防ぎ、
アブラムシ等の害虫も防ぐ
ナスナスタチウムテントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する
チャイブ青枯病などを防ぐ
ジャガイモチャイブ(ニラ、ネギ)つる割病、青枯病等を防ぎ、
アブラムシ等の害虫も防ぐ
カボチャ長ネギ 、 ニラ土壌病害を防ぐ。 害虫を防ぐ
オレガノ食味がよくなる。
ダイコンナスタチウムアブラムシが嫌う。
マリーゴールド病害虫を防ぐ。 生育を促進させる
キャベツレタスヨトウムシ、コナガ等の害虫を防ぐ。
雑草を生えにくくする
ミントアブラムシ、アオムシが減り、
食味がよくなる。
セージモンシロチョウが卵を産み付けるのを防ぐ。
マリーゴールド土中の害虫も退治して、
土を活性させる。
ブロッコリーマリーゴールド害虫を防ぐ。 生育を促進させる。
ミントアオムシやアブラムシが減る。 
食味がよくなる。


↑センチュウ抑制効果の高いマリーゴールド   「アフリカントール」


 一般に良いといわれているコンパニオンプランツの例を挙げましたが、
 コンパニオンプランツは植えたからといって
必ず効果が上がるというわけではありません。


コンパニオンプランツは、
その地域の気候、生息する虫などの種類によって、
植物同士の相性が変わってきますので、
きちんと把握した上で行う必要があります。

コンパニオンプランツの奥はなかなか深く、
その効果を最大限に活かすためには、
まず自分の庭の気候や生息する虫達を知ることが大切です。

家庭菜園を豊かに、
そしてにぎやかにしてくれるコンパニオンプランツは
いろいろな発見があって楽しいものです。

あまり深く考えず、少しずつ観察し、
 試しながら自分の気に入った組み合わせを
増やしていけば良いと思います。


スポンサードリンク

関連記事

Return to page top