初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

オクラの育て方 家庭菜園の病害虫防除 支柱立て

家庭菜園でオクラを上手に育てるための手入れ方法と害虫防除

投稿日:

オクラの発芽後、1つのくぼみごとに3株程度になるように
間引きした後は、そのまま育てていきます。

茎の節に1つずつ花を咲かせるオクラは、それから、
約1週間-10日ほどで食べごろを迎えます。開花後は良く観察し、
実の部分が7-8センチになったら、ハサミで収穫します。
家庭菜園 オクラ
最初の1個、2個を収穫した後は、追肥をして、
以後、15日に1度くらいのペースで追肥をしていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

実を収穫した際には、その地殻の葉も切り落とすことを忘れずに。
どんどん上に伸びていくように、手入れをしてあげます。

スポンサーリンク

8月は、台風や夕立など風の影響より倒れやすくなりますので、
支柱を使って、倒れないように支えてあげる必要があります。

生育初期の葉がまだ小さくて柔らかい時期、その頃が、
害虫が1番発生しやすい時期となります。その時期は、特に害虫へ注意し、
オクラを守ってあげましょう。

良くオクラの害虫としてつくのは、アブラムシです。
アブラムシは、オクラの葉の裏に付きやすいですので、観察の際は、
葉の裏側も見るように心がけましょう。

アブラムシを見つけた場合は、ティッシュペーパーなどで、
取り除いてあげてください。

また、ハマキガの仲間の幼虫であるハマキムシにも注意です。
自分で出す粘液で葉を丸め、その中に住み着きます。
葉を食害されてしまいますので、丸まっている葉っぱがあった場合には、
良く観察し、ハマキムシがいた場合には、葉っぱごと切り落としてください。

⇒次へ オクラが枯れる失敗をなくそう

スポンサーリンク

-オクラの育て方, 家庭菜園の病害虫防除, 支柱立て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 キュウリ

キュウリの支柱立てと誘引|おいしいきゅうりの育て方

キュウリを植えつけてから乾燥しすぎてない状態であれば 雨だけでほとんど水をあたえすに育てます 2―3週間ほどでキュウリの苗がよく根付いてきたら 寒冷紗や風除けをはずし、本支柱をたてます スポンサーリン …

家庭菜園 ピーマン

ピーマンの支柱立て・整枝|生育が旺盛なので適度に芽かきを

ピーマンの1番花より下のわき芽を摘んだら 本支柱を立てます。 長さ1mほどの支柱を立て、側枝の1本と支柱を 8の字にひもで結びます。 スポンサーリンク 成長が進むとピーマンの枝自体や実の重みで枝が垂れ …

家庭菜園 ナス

ナスの仕立て方・誘引|家庭菜園でのナスの育て方

わき芽をとり、側枝の本数や方向を整えることを仕立てるといいます 作物によっていろいろな仕立て方がありますが ナスの場合は2本仕立て、3本仕立てにすることが多いです スポンサーリンク

no image

家庭菜園の病気の予防|野菜の病気の原因とは

私たちの体と同じように、野菜も、病気にかかる理由はさまざまです。 主に、ウィルスによるもの、細菌(バクテリア)によるもの、カビによるものなどがあります。 ウィルスによる病気で、代表的なのはモザイク病な …

no image

キュウリの支柱の役割|風通しが良くなるなど様々なメリット

キュウリの栽培には、支柱を使うというのが一般的となっていますが、昔の日本では、地べたに這わせるようにして、キュウリを栽培することも、多くあったと言われています。 ⇒キュウリの栽培特性 しかし、地這栽培 …