初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

オクラの育て方 家庭菜園の病害虫防除 支柱立て

家庭菜園でオクラを上手に育てるための手入れ方法と害虫防除

投稿日:

オクラの発芽後、1つのくぼみごとに3株程度になるように
間引きした後は、そのまま育てていきます。

茎の節に1つずつ花を咲かせるオクラは、それから、
約1週間-10日ほどで食べごろを迎えます。開花後は良く観察し、
実の部分が7-8センチになったら、ハサミで収穫します。
家庭菜園 オクラ
最初の1個、2個を収穫した後は、追肥をして、
以後、15日に1度くらいのペースで追肥をしていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

実を収穫した際には、その地殻の葉も切り落とすことを忘れずに。
どんどん上に伸びていくように、手入れをしてあげます。

スポンサーリンク

8月は、台風や夕立など風の影響より倒れやすくなりますので、
支柱を使って、倒れないように支えてあげる必要があります。

生育初期の葉がまだ小さくて柔らかい時期、その頃が、
害虫が1番発生しやすい時期となります。その時期は、特に害虫へ注意し、
オクラを守ってあげましょう。

良くオクラの害虫としてつくのは、アブラムシです。
アブラムシは、オクラの葉の裏に付きやすいですので、観察の際は、
葉の裏側も見るように心がけましょう。

アブラムシを見つけた場合は、ティッシュペーパーなどで、
取り除いてあげてください。

また、ハマキガの仲間の幼虫であるハマキムシにも注意です。
自分で出す粘液で葉を丸め、その中に住み着きます。
葉を食害されてしまいますので、丸まっている葉っぱがあった場合には、
良く観察し、ハマキムシがいた場合には、葉っぱごと切り落としてください。

⇒次へ オクラが枯れる失敗をなくそう

スポンサーリンク

-オクラの育て方, 家庭菜園の病害虫防除, 支柱立て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

土の中の害虫を駆除する|家庭菜園の害虫防除

あなたは家庭菜園で虫の害に困っていませんか? 土の中にいる害虫はヨトウムシ、ネキリムシ、コガネムシの幼虫などです。 家庭菜園の畑でもプランタでも野菜を植える前に土を耕しますが、 この土を耕すときに土の …

no image

家庭菜園の害虫防除は早期発見、早期防除がポイント

家庭菜園で野菜をよく見たら、いつのまにか葉と葉との間に 無数のアブラムシやコナジラミがいたり、 葉をアオムシに食べられていたなんてことはよくあります。 今までよく見ていなかったことと、 害虫がまだ卵か …

no image

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を育てたいと思っているかも知れませんが、 高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、農薬を使わなけ …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

no image

虫がつきやすい野菜とつきにくい野菜|アブラナ科は害虫の被害を受けやすい

ブロッコリー、ハクサイ、コマツナ、カリフラワー、キャベツなどの野菜は、 アブラナ科に属します。これらの野菜は、アブラムシなどの害虫の被害に遭いやすく、 害虫の防除に手間のかかる野菜と言えます。 定期的 …

カテゴリー

最近のコメント