初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キャベツの育て方 家庭菜園の病害虫防除 家庭菜園の連作障害対策

アブラナ科野菜(コマツナ、キャベツなど)の根こぶの原因|輪作栽培が1番の連作障害の予防

投稿日:

コマツナやキャベツの根の部分にコブのようなものが出来てしまった場合は、
連作障害による「根こぶ病」を疑ってください。
水やり・肥料・天候の観点が原因になることもありますが、
コブが出来ているという現象は、十中八九、根こぶ病だと考えられます。
■連作障害になっていませんか?
連作障害というのは、同じ畑の同じ場所に、同じ科の野菜や、
同じ野菜を育てることによって起こる障害です。
コマツナの場合は、それほど連作障害は多くないものの、
こういった根こぶ病を発症する場合が、考えられます。
連作すると、どの野菜に悪い影響を与える病原菌や、
有害なセンチュウの密度が高くなってしまうので、土壌の状態が悪くなり、
生育を阻害してしまうのです。
ウリ科では、キュウリやスイカ、メロンなどの野菜類が、
ナス科では、トマトやナス、ピーマンなどの野菜が、連作障害に遭いやすいです。
コマツナの属するアブラナ科の場合も、連作障害が起きると、
根こぶ病にかかりやすくなってしまいますので、キャベツや、ハクサイ、
ブロッコリーなどを育てた場所に連続して、コマツナを育てないようにします。
■輪作栽培が1番の連作障害の予防
作付け計画として、5年分くらいの畑の使い方を考えておきます。
こうすることによって、同じ科、同じ野菜を育てないように、
畑をローテンションして使う目安となります。
また、それはメモをとっておき、実際に育てた野菜の名前や期間なども、
明記しておくと、輪作年限がわかりやすく、管理がしやすくなります。

スポンサーリンク

-キャベツの育て方, 家庭菜園の病害虫防除, 家庭菜園の連作障害対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でのスイカの病気予防|つる割病は接ぎ木苗で対策

家庭菜園でも育てることの出来る夏の風物詩、スイカですがスイカを栽培する上で注意しなくてはいけない点があります。 その1つが病気です。特につる割病はスイカ栽培をする中で厄介な問題となる1つの原因です。 …

no image

家庭菜園の益虫|野菜にくる全ての虫が害虫というわけではありません

益虫は、野菜につく害虫にとって、良くない虫のことです。 つまり、家庭菜園を楽しむ私たちにとって益虫は、有難い存在でもあります。 野菜にくる全ての虫や動物が、害というわけではありませんので、 益虫に対す …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

キャベツ 連作障害

キャベツの連作障害対策と根こぶ病にならない環境

キャベツの原産地は、地中管沿岸付近です。 この日本より涼しいヨーロッパの気候は、夏は、乾燥しやすく、 冬は温暖で雨の降る地域となりますので、キャベツは、冷涼な地域を好み、 日本の高温多湿には極めて弱く …

野菜つくり

木酢液の上手な使い方|

木酢液の使い方は非常に簡単です。 最もポピュラーな使われ方は、水で薄め、ジョウロなどを使って土壌に 散布する方法です。また、霧吹きなどを使って葉面に散布するのも良いでしょう。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント