ホーム » 野菜の育て方 » オクラの育て方

スポンサードリンク

オクラの育て方カテゴリの記事一覧

オクラが発芽しない失敗をなくす|発芽率を高めるために、丸1日水に付けておく

オクラは、家庭菜園でも育てることができます。
サラダに、スープに、カレーにパスタにと、さまざまな料理と、
合わせることができるので、食卓にも重宝します。
そんなオクラの栽培ポイントをまとめましたので、紹介させていただきます。

IMG_2516.JPG

■発芽率を高めるために、丸1日水に付けておくこと


オクラの種は、硬実種子と呼ばれる皮の硬い種です。
そのため、水も含みにくく発芽が揃いにくい性質となりますから、
種をまく前日に、水に付けてからまくようにします。


また、オクラの種の発芽適温は25度?30度と高いので、
直播きする際は、充分に気温の上がった時期に行うようにしてください。


■収穫の適期は、オクラの長さを目安とする


収穫はだいたい、開花後1週間ほどしてから、実の長さが、
約7センチとなった頃に行います。
しかし、オクラは1日に実の長さが1センチ生長することもあるので、
収穫の適期を逃さないよう、毎日チェックすることが必須です。

IMG_3004.JPG

五角形のオクラの場合は特に、大きくなると種ができ、
固く食べられなくなってしまいますので、早め早めの収穫が肝心です。
丸オクラは少々取り遅れても問題なく食べることができるので、
忙しく、毎日は家庭菜園に行けない場合は丸オクラを育てるのが良いでしょう。


■収穫は葉を摘み取りながら行うと、長く収穫ができる


摘葉は、ツルボケの修正にも役立つ作業です。
オクラの果実収穫後は、すぐ下にある葉も一緒に摘み取ると、
良い果実がどんどん実るようになります。
目安としては、果実が実る節より下に葉がないことが理想となります。

スポンサードリンク

オクラは花も楽しめる|アオイ科でハイビスカスなどが仲間

オクラは切ると、独特のネバネバが出てくるようになります。このぬるぬるとした汁は、...

続きを読む

オクラの原産地と日本での歴史

真夏でも収穫できるオクラは、和食にも洋食にも合いますし、サラダとしても取り入れる...

続きを読む

オクラのプランター栽培|高温性なので10度以下の低温は危険

オクラはプランター栽培も可能な作物です。また、夏を通り越して秋口まで莢果とよばれ...

続きを読む

オクラが枯れる失敗をなくそう|とくに気温には注意

夏?秋の終わり頃までも収穫出来るという魅力があるのがオクラです。最近は、オクラを...

続きを読む

Return to page top