ホーム » 野菜の育て方 » かぼちゃの育て方

スポンサードリンク

かぼちゃの育て方カテゴリの記事一覧

カボチャに人工授粉を行なって確実に実を付ける

もともと、自分で実を付ける力の弱いカボチャは、人工授粉を行う必要があります。
1番花より結実することで、栄養分を実にたくさん送らせることができるので、
葉やつるばかりが茂ってしまうといった悩みも解消できます。


この頃はまだまだ、受粉を行うための昆虫の動きも盛んではないので、
早朝?朝までには人工授粉を済ませておきましょう。


■収穫適期を見誤らずに、美味しい頃を狙って収穫すること


西洋カボチャは、開花後25日もすれば、普段私たちが良く見ている
「カボチャ」の姿になっています。しかし、この時はまだまだ未熟な実だといえ、
果肉の厚みが不足しています。


西洋カボチャの収穫適期は開花後40日頃、へたの部分が白くなり、
コルクのようになった頃が適期です。
この適期に収穫すれば、長く保存することもできるので、必ず、
へたがコルクのようになったのを確認した後に収穫するようにしてください。


また、収穫適期に収穫したとはいえ、カボチャの甘味が出るのは、
収穫後2週間ほど経った頃となるため、そのあたりが食べごろとなります。


食べごろを迎えるまでは、日陰に干しておくようにして、
デンプンが糖化して甘くなるのを待ちましょう。


こうしてできたカボチャは、煮崩れも少なく、とても甘いものが食べられます。
テンプラに、サラダに、煮物にと、さまざまな調理で使用でき、
とても栄養価が高い野菜としても知られているので、家庭菜園にはおすすめです。

スポンサードリンク

カボチャの収穫適期|整枝作業と支柱栽培

■支柱を使用した栽培をするのであれば、3本仕立てに親蔓に良く実を付ける西洋カボチ...

続きを読む

カボチャは初心者でも、種から育てることができる野菜

カボチャは土壌病害に強い性質があるので、自宅でも育てやすく、連作障害が起きにくい...

続きを読む

カボチャを食べると風邪をひかない?高い栄養価のある野菜

果菜類となる西洋カボチャは、低温に強い性質があります。そのため、生育適温は17度...

続きを読む

カボチャの起源と日本での歴史

カボチャの栽培は、紀元前よりメキシコにて行われてきました。日本にカボチャが伝来し...

続きを読む

Return to page top