初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

かぼちゃの育て方

ミニカボチャの育て方|普通のカボチャより株間はせまく植える

投稿日:

カボチャが日本に来たのは17世紀の事です。
大分に来たポルトガル戦が大名にカンボジア産のカボチャが贈った
事が日本でカボチャが食べられるようになった起源です。

そのため、カボチャという名前の由来はカンボジアに
あるのだとされています。

天ぷらや煮物、グラタンやスープ、和食洋食問わず
人気の食材であるカボチャは、中南米が原産と言われている
野菜です。

IMG_1388.JPG

乾燥した荒地を好むカボチャは、干ばつの時ほど美味しいなんて
事も言われているのです。

そんなカボチャですから、家庭菜園で育てる場合も
特に手間を要しないのがお勧めポイントとなります。

しかし、カボチャはとても大きいため家庭菜園でつくる場合にも、
それなりのスペースが必要なのがネックです。

折角の家庭菜園ですから、「少しずついろんな種類の野菜を」と
考えている人も多いかと思いますので、そんな方には、
ミニカボチャがお勧めです。

スポンサーリンク

種からカボチャを育てる場合は、5月以降に種をまきます。
苗からカボチャを育てる場合は、4月下旬?5月下旬頃が植え付け時期です。収穫時期は、8月下旬?9月下旬頃に迎えます。

中南米原産という事で、元々カボチャは荒地を好みますから
肥料のあげすぎは、ツルボケをうみます。

ツルボケとは、つるばかりがどんどん生長いってしまい、
実のつきが悪くなってしまうこともあります。

ツルボケを予防するためにも、カボチャの場合、
ある程度生育したあと、根っこに肥料が行くようにします。

植え付ける前は深さ30センチほどの穴を掘り、ボカシ肥や
完熟堆肥といった有機質肥料を入れ、土を戻してから種・苗を
受けることでツルボケが防止出来ます。

ミニカボチャの場合は70センチくらいの株間を空けます。
普通のカボチャの場合は150センチほど空けると良いでしょう。

カボチャは地面を這い、成長していく野菜ですから、
最初からビニールマルチや敷きワラなどをしておくと、泥はね防止や、
雑草防止などが出来ます。

苗が大きくなるまでは瓜蝿という害虫にも注意が必要です。
また、風の被害も受けやすいため4本支柱を立て、あんどんをしておくと
瓜蝿や風の被害を最小限に抑えることが出来ます。

スポンサーリンク

-かぼちゃの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カボチャを食べると風邪をひかない?高い栄養価のある野菜

果菜類となる西洋カボチャは、低温に強い性質があります。 そのため、生育適温は17度?20度と非常に低く、夜間でも10度あれば、 十分に育てることができます。 日本カボチャにいたっては、熱帯原産の野菜で …

no image

カボチャの起源と日本での歴史

カボチャの栽培は、紀元前よりメキシコにて行われてきました。 日本にカボチャが伝来したのは1540年頃になってから、 ポルトガル船によって運ばれてきたものが最初だといいます。 カボチャは、漢字では「南瓜 …

no image

カボチャは初心者でも、種から育てることができる野菜

カボチャは土壌病害に強い性質があるので、自宅でも育てやすく、 連作障害が起きにくい果菜類です。 通常のサイズのカボチャは地這栽培が一般的となりますので、 それなりの畑のスペースも必要となりますが、ミニ …

no image

ウリハムシには被服資材を使う|ウリ科の葉を丸くかじる害虫

↑ウリハムシ スポンサーリンク キュウリの苗が小さい時にウリハムシの被害に遭いやすいです薄手の被服資材をトンネルがけしておくとウリハムシの侵入を防げます キュウリの樹がトンネルに当たるようなくらい大き …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

カテゴリー

最近のコメント