初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

かぼちゃの育て方 野菜の育て方

かぼちゃの育て方・栽培方法

投稿日:

 

 

かぼちゃの栽培ポイント

かぼちゃは吸肥力が大きいので 肥料分が多いと葉が茂りすぎて

かぼちゃが着果しなくなることがあります。

 

土が肥えている場合は元肥を控えて、 かぼちゃの様子を見ながら追肥しましょう。

 

野菜名

科名

原産地

カボチャ

ウリ科

中南米

学名

英名

和名

Cucurbita spp

pumpkin

南瓜

種まき時期

定植時期

収穫時期

3月下旬?
4月上旬

4月下旬?
5月上旬

7月?

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

pH5.5?6.8
耐乾性強い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

スポンサーリンク

30

35?40

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

8

昼間18?23
夜間10?15

33

うね幅

条数

株間

250

1

75

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

1?当たりの
種子粒数

500

日本種2dl

洋種6?8dl

日本種
2500?4000
洋種
1800?2500

花芽分化

日本系は低温短日条件で雌花が早い、西洋系では日長の働きは弱く、低温が雌花の着生に大きく影響する。

 

かぼちゃの健康効果

じゃがいもはガン予防効果の大きい緑黄色野菜で、

カロチン、ビタミンA・C・E、カルシウムを多量に含んでおります。

 

カロチンは粘膜を丈夫にし、

風邪に対する抵抗力効果があります。

 

抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、

ガン細胞の発生を防ぎます。

免疫機能が高まるため、ガンが発生した時に戦う

マクロファージなどの活性を強くする働きを持っています。

 

かぼちゃは体内で発ガン物質が作られるのを防ぐ、

ビタミンCも含んでいます。

 

かぼちゃの種子はリノール酸が多く含まれているので、

殻を割って食べると動脈硬化の予防に効果があります。

 

 

よいかぼちゃの選び方

かぼちゃの大きさの割にずっしりと重いもの。

かぼちゃのへたが黄色く枯れていて、縦に溝が入っているものは完熟品。

かぼちゃのカット売りは→果肉の色が濃いもの。   

切り口が鮮やかで、わたが乾いていないもの。

 

 

スポンサーリンク

-かぼちゃの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カブの育て方・栽培方法

カブ かぶはアフガニスタンあたりか、これに地中海沿岸の南ヨーロッパを加えた地域が原産地と言われています。 ヨーロッパで紀元前から栽培され、今では世界中の温帯地方で広く栽培されています。 日本には、弥生 …

no image

カボチャの起源と日本での歴史

カボチャの栽培は、紀元前よりメキシコにて行われてきました。 日本にカボチャが伝来したのは1540年頃になってから、 ポルトガル船によって運ばれてきたものが最初だといいます。 カボチャは、漢字では「南瓜 …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

no image

カボチャは初心者でも、種から育てることができる野菜

カボチャは土壌病害に強い性質があるので、自宅でも育てやすく、 連作障害が起きにくい果菜類です。 通常のサイズのカボチャは地這栽培が一般的となりますので、 それなりの畑のスペースも必要となりますが、ミニ …

no image

高菜の栽培・育て方|辛みと風味のある葉物野菜

 高菜 タキイ 赤大葉高菜 <タキイの高菜です。種のことならお任せグリーンデポ> タカナ(高菜)とはアブラナ科の越年草で、カラシナの変種です。20?60cmほどの丈に成長します。 葉や茎は柔らかくて辛 …

カテゴリー

最近のコメント