初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

かぼちゃの育て方

カボチャを食べると風邪をひかない?高い栄養価のある野菜

投稿日:

果菜類となる西洋カボチャは、低温に強い性質があります。
そのため、生育適温は17度?20度と非常に低く、夜間でも10度あれば、
十分に育てることができます。
日本カボチャにいたっては、熱帯原産の野菜ですので、
西洋カボチャよりも、高温を好む性質があります。
カボチャは、土壌病害に強い特徴がありますので、キュウリや、
メロンなどといった接木苗の台木として使われることが多いです。
もちろん、カボチャとして育てる場合も、連作障害が起きにくく、
とても育てやすい野菜の1つです。
ただし、多湿には弱い傾向にありますので、水はけの良い場所にて
管理するようにしてください。
一般的にカボチャは、地這栽培を行いますが、ミニカボチャなどは、
支柱を立てて栽培することができるので、ベランダなどのスペースでも、
栽培ができます。
■カボチャを食べると風邪をひかない?高い栄養価のある野菜
カボチャは体内にてビタミンAとなる、ベータカロチンが多く含まれます。
ビタミンAは体の抵抗力を高める効果がありますので、良く、
カボチャを食べると風邪をひかないなんてことも言われます。
また同時に、がん予防、生活習慣病、狭心症、心筋梗塞などを予防するので、
是非、摂取したい野菜です。
調理法としては中身よりも、皮に栄養が詰まっているので、
皮ごと調理できる煮付けや天ぷらなどがおすすめです。
カボチャサラダなどを作る際も、皮の部分を含めて調理するように心がけてみてください。

スポンサーリンク

-かぼちゃの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カボチャは初心者でも、種から育てることができる野菜

カボチャは土壌病害に強い性質があるので、自宅でも育てやすく、 連作障害が起きにくい果菜類です。 通常のサイズのカボチャは地這栽培が一般的となりますので、 それなりの畑のスペースも必要となりますが、ミニ …

no image

ウリハムシには被服資材を使う|ウリ科の葉を丸くかじる害虫

↑ウリハムシ スポンサーリンク キュウリの苗が小さい時にウリハムシの被害に遭いやすいです薄手の被服資材をトンネルがけしておくとウリハムシの侵入を防げます キュウリの樹がトンネルに当たるようなくらい大き …

no image

カボチャの収穫適期|整枝作業と支柱栽培

■支柱を使用した栽培をするのであれば、3本仕立てに 親蔓に良く実を付ける西洋カボチャは、それほど枝が分かれないので、 つるはそれほど気をつける必要はありません。 ただ、支柱を使用するとなると葉やつるが …

no image

かぼちゃの育て方・栽培方法

    かぼちゃの栽培ポイント かぼちゃは吸肥力が大きいので 肥料分が多いと葉が茂りすぎて かぼちゃが着果しなくなることがあります。   土が肥えている場合は元肥を控えて …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

カテゴリー

最近のコメント