初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイの栽培期間と生育適温|10度以下の低温ではとう立ちしやすい

投稿日:

チンゲンサイは、暑い、寒い、気候の変化に比較的強いので、
土壌を選ばず、簡単に育てられる野菜として知られています。
栽培期間も短いので、種まきから収穫までの手間も掛かりません。
しかし、チンゲンサイはアブラナ科野菜の共通の病害虫である、
キスジノミハムシや、根こぶ病になりやすいと言えるので、
連作障害が起こらないよう、輪作をすることが必要です。
生育適温は、約15度?25度と広いので、春から秋まで種まきができます。
5度以下の状態になると、さすがに生育が阻害される他、
凍霜病になるなどの、寒害が現れるので、種をまくのは秋までにします。
高温期で気をつけなくてはならないのが、チップバーンです。
これは、葉先が高温によって枯れてしまう症状のことで、
害虫の危険も高まりますので注意しましょう。
上記の注意点を考えると、種まきの理想は春と秋です。
春まきであれば、大体種まき後、1ヶ月と10日ほどで収穫、
秋まきであれば、大体種まき後、2ヶ月弱?2ヶ月程度で収穫ができます。
収穫の目安は、葉軸の付け根となる「お尻」の部分が良く張り、
「胴」の部分がくびれて、葉の上のほうが大きく開き気味になった頃です。
重さで言えば、約150グラム程度のものが理想となりますが、
100グラム程度(目安として葉数が10枚程度、高さ20センチほど)
の頃から収穫を始め、200グラム以上に大きく育てないように心がけます。
また、10度以下の低温下での栽培は、花芽が分化してしまい、
とう立ちしやすくなるので、トンネル栽培を行うなどの注意が必要です。

スポンサーリンク

-チンゲンサイの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

チンゲンサイの栽培のポイント|水やり管理はしっかりと

中華人民共和国、中部あたりを原産とするチンゲンサイは、 戦後、中国よりやってきたとされています。それ以前にも、チンゲンサイがあった といわれることもありますが、その時はまだ、日本には定着しなかったよう …

no image

チンゲンサイの育て方|家庭菜園でも育てやすい中国野菜

中国野菜は色々な種類がありますが、日本でも特に馴染みがあるのがチンゲンサイです。煮て食べるのが一般的ですが、煮崩れもせず、和風にも良く合います。 家庭菜園で育てる上でも、育てやすい中国野菜となりますの …

no image

チンゲンサイの株間について|おいしい青梗菜を収穫するために

中国野菜の1つ、チンゲンサイは、日本でも良く使われる野菜です。 暑さや、寒さに比較的強い野菜ですので、日本でも育てやすく、調理しやすいとして、 家庭菜園でも人気が高い野菜です。 ■美味しいチンゲンサイ …

野菜つくり

パクチョイとチンゲンサイの違い

中国では不結球菜類全般を 「小白菜」という呼び名で総称していて、 日本で言うチンゲンサイもパクチョイも この「小白菜」の中に含まれます。 スポンサーリンク

no image

チンゲンサイの育て方・栽培方法|いろいろな栄養素がバランスよく入っている野菜

チンゲンサイは中国語で青梗葉と書き、茎の青い葉という意味です。 チンゲンサイはハクサイやカブと同じアブラナ科の植物で、 これらの原産地は地中海性沿岸のトルコからバルカン半島の高原で、 中国に渡ってから …

カテゴリー

最近のコメント