ブロッコリーの種まき|夏の育苗は風通しのよい場所で

栄養がある緑黄色野菜の代表がブロッコリーです。
濃い緑色の部分や、独特の味というのは非常に癖になるもので、
茹でて、マヨネーズを付けるだけでとても美味しいものです。

家庭菜園でもブロッコリーは非常にお勧めの作物で、
小さいながらも、長く収穫を楽しめ、食卓の彩りを良くしてくれます。

そんなブロッコリーは、春まきと夏まきがあります。
夏まきする場合は、大体関東以降の西の地域では7月中旬頃が適期です。

早生、晩生の品種など、ブロッコリーにはさまざまな品種があるので、
好みの品種を選ぶのもポイントであり、それぞれ種まきの適期が、
微妙に異なるのも注意しましょう。

種まきは、一般的にセルトレイを用いて行いますが、
少ない苗数で育てる場合は、3号ほどのポリ鉢でも育てられます。

スポンサーリンク

セルトレイの1つの穴に対し、また、1つの鉢に対して、
大体3粒ほどをまいていき、育つにつれて1株に間引いていきます。

セルトレイを用いる場合は、本葉が3枚?4枚ほどになったら、
ポリ鉢を使う場合は、本葉4枚?5枚ほどになったら植え替えを行います。

夏の育苗となりますので、苗を置く場所はなるべく通気性の高い
場所を選ぶようにします。しかし、直射日光が当たり過ぎるのも良くないので、
よしずや寒冷紗などを使って遮光するようにしてください。

また、アオムシやアブラムシなどの害虫の被害にもあいやすいので、
観察を怠らないようにし、発見した際はすぐに防除することも、
忘れないようにしましょう。

元肥は、堆肥と油粕を多めに施します。
根腐れなどになりやすいので、深くには植えないように心掛け、
排水溝を作るなどして、水たまりが出来ないようにしましょう。

また、風の被害にもあいやすい作物ですので、
支柱を上手に使って、倒れないように育てていきます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
ブロッコリーの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました