初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

カブの育て方

カブの間引きのタイミング|間引き後は、防虫ネットのトンネル栽培も有効

投稿日:

■コナガや、アオムシの幼虫に気をつける
アブラナ科の野菜は、アオムシ、コナガの幼虫による、
食害の被害に気を付けなければなりません。
これらの害虫が発生すると、すぐに茎葉が食害されますので、
種まきの後に、不織布をベタ掛けして予防します。
風の強い季節となりますので、専用の留め具できちんと留めておきましょう。
■間引きはタイミング良く行う
カブは、間引きが遅れると、根が充分に育ちませんので、
タイミング良く行うのが重要です。
1回目の間引きのタイミングは、発芽後、子葉が出る頃。
密になった部分を綺麗に間引き、3センチくらいの間隔にします。
また、この時不整形のものは除去しましょう。
2回目の間引きのタイミングは、本葉2?3枚出た頃です。
今度は、5?6センチくらいの間隔になるように、抜き取ります。
2回目の間引きの後は、合わせて追肥も行います。
3回目の間引きは、本葉4枚?5枚の頃に行います。
10?12センチの間隔になるよう調節し、追肥、土寄せを行います。
■1回目の間引き後は、防虫ネットのトンネル栽培も有効
1回目の間引きまでは、ベタ掛け資材を使用しますが、
1回目の間引き後は、防虫ネットのトンネル栽培にするのが理想的です。
トンネル用の支柱と、防虫ネットを利用すれば、
収穫まで、病害虫対策を強化することができます。
この時、防虫ネットはピンと張るくらいまでしっかりと張り、
虫の入る隙間ができないように、固定しておくのがポイントです。

スポンサーリンク

-カブの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カブの収穫|意外に根は深い・引き抜く手にも力がこもる

小カブは若どりがよいので、根が直径2?3?に太ったころから間引きする要領で込み合ったところから収穫を始めます 小カブは直径5cmになるまでに収穫を終えます スポンサーリンク 小カブでも「ヒカリカブ」の …

no image

カブの種まき|種子は軽く押さえて土で覆う

カブの種まきは品種によって株間や種のまく量を変えていきます 小カブや中カブは2cm間隔で4?5粒を点まきします種に余裕がある場合は間引く数が多くなりますがすじまきでもかまいません 大カブはまき溝をせま …

no image

カブの追肥・土寄せ|間引きと同時に追肥する

カブの2回目、3回目の間引きをしたあとそれぞれ条間にまき溝を作って化成肥料を施して土をかぶせます 中カブ、大カブではそのあとの間引き後も追肥をします 小カブの時は300倍?500倍の液体肥料を7?10 …

no image

カブの品種の種類|日本のカブは、大きく分けて東洋種、西洋種がある

日本には、約80品種ものカブがあります。 その歴史はとても古く、北海道から、九州まで、さまざまな地域で、 地方品種があります。 ■東洋種と西洋種 日本のカブは、大きく分けて東洋種、西洋種があります。 …

家庭菜園

連作障害に注意!カブは、ダイコンなどと同じアブラナ科野菜です

ダイコンとはまた違う、まろやかな味の楽しめるカブは、 さまざまな品種があることもあり、家庭菜園でも人気です。 そんなカブの栽培のポイントを紹介します。   スポンサーリンク