初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

ごぼうの育て方と栽培特性|生育適温は20℃から25℃

投稿日:

手当り次第といった感じに、オーソドックスな野菜はすべて栽培する意気込みです。
ごぼうの品種は大浦ごぼうに決めています。
形はごつごつとしているのですが、
味は最高という売り文句にまんまとつられてしまいました。
美味しいごぼうができるといいなと思っています。
ごぼうの生育適温は20度から25度です。
やや高温性で、30度以上の暑さでも育ちます。
暑さに強いというのは好都合です。
ここ何年も猛暑といわれているので安心です。
3度くらいで地上部は枯れますが、根は零下20度にも耐えて、翌年の春に芽がでます。
土は適当な湿りのある砂土がいちばんです。私の借りている畑は完全な粘土質です。
この場合は、見栄えはよくないですが、肉のしまった香りのあるごぼうができるとのことで、
大変楽しみです。
前年の冬に天地返しをしておいて、耕土をできるだけ深くしておきます。
畝幅は70センチがいいとされていますが、私は畑の管理上1メートルで統一しています。
種はむらのないようにすじまきします。
種子はあらかじめ一昼夜水につけておいて、水切りします。
ここで消毒をするのもありですが、私は無農薬栽培をしているので
元から消毒してある場合を除いて自分では消毒はしません。
ごぼうの種子の発芽には光を必要とするので、土は厚くかけないようにします。
本葉1枚のときと3枚から4枚のころに間引きをして、適当な株間にします。
春ごぼうの株間は夏どりで8センチにします。冬どりは6センチぐらいにします。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でパール柑を栽培しています

わたしの家の南側の日当たりの良いところにミカンの木があります。 10年前に家をリフォームした際に父が植えました。 数年前から大きな実がなるようになりました。 実はレモンより薄い黄色で、大きい物は直径2 …

no image

青しその栽培に挑戦/間引きが重要ポイント

青しそのチャレンジに挑戦しました。 きっと簡単だろうと思って始めました。 簡単だと考えた根拠は、青しそは葉を食べることができることです。 トマトやキュウリなどは、葉がなり、実がなってからやっと収穫です …

no image

家庭菜園でのミニトマト栽培の楽しみ方

子供たちがミニトマト大好きです。 スーパーマーケットで購入すると、取り合ってすぐに食べてしまいます。 野菜好きで嬉しいけど、ミニトマトって結構高いです。 そこで、せめて住宅を購入して庭が出来た機会に、 …

no image

野菜栽培の初心者でも楽しめる家庭菜園でのジャガイモ堀り

野菜作りも家族全員で楽しめるものがあれば とても幸せですね。 そういった意味では、ジャガイモ作りが おすすめだと思っています。 初心者でも、植え方を習えばそれなりに 作ることができるからです。 そう、 …

no image

家庭菜園を失敗させないコツ|土つくりの意識が重要

家庭菜園とか、ベランダ菜園というと、難しそう……とか、失敗するのではないか?  という気持ちで敬遠してしまう人も中にはいるようです。 しかし、家庭菜園や、ベランダ菜園で、野菜づ …