モロヘイヤの芽が出ない|4月の種まきは早すぎ?

4月始めにはじめてモロヘイヤの種を蒔き、
発芽をするように温室に入れて様子を見ていました。
元来暑い所の植物でもあり袋にも高温を好む野菜とういうことですが、
今年の天候不順もあってか芽を出してくれません。
半月以上が過ぎても芽を出さず、どうやら種まきは失敗したようです。
モロヘイヤはエジプトを中心として栽培されている1年草の野菜です。
王の難病を治したであるとかクレオパトラも好んで食べていたと言われる、
健康効果が高いとも言われている野菜です。
その栄養成分は、カルシウムやビタミンや抗酸化作用のある
ケルセチンを含む野菜であり、ムチンという
粘り気のある成分を持つのを特徴とします。
しかし、日本でも縞綱麻(シマツナソ)、台湾ツナソ、
ナガミツナソ、ジュートなどと呼ばれているといい、
ジュートという繊維植物の名前には聞き覚えがあります。
しかし、食用としてのモロヘイヤとして
日本に入ってきたのは1980年頃であり、
健康野菜として知られるようになり、
その葉っぱをオヒタシや天ぷら、
粉末をクッキーやスープにするといいます。
又、栄養価の高い健康野菜ながら栽培も
それほど難しくないと聞いており、
病害虫や連作障害も少なく暑さや
乾燥にも強い野菜といいますから、
昨今の日本の夏に向いていそうです。
注意としては肥料が切れると茎が硬くなるとか、
50cmほどに高さおさえ摘心して脇芽を出させ、
柔らかい葉を摘み取るといいます。
さすがに気温も上がってきた4月下旬ともなれば
大丈夫ではないかと思いますが、
第二弾の種まきをしてみることにし、
無事に発芽してくれる事を願うばかりです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
みんなの家庭菜園体験談
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました