初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

トマトの上手な育て方|5℃以下の低温は生育に影響が出ます

投稿日:

トマトの栽培に挑戦しました。
生育適温は、昼間が25度から26度、夜が10度から15度です。
30度以上になると実つきが悪くなってきます。
5度以下になると生育が悪くなったり奇形果が出やすくなったりします。
土は有機物の多い壌土がいちばんいいです。
品種としては、ひかり、米寿を試してみました。
近頃は小型トマトの品種も多く販売されています。
小型のものは味が濃くて病虫害も少ないので家庭菜園にはおすすめです。
育苗は、とろ箱にすじまきして、本葉が出始めたころに、
ポリ鉢かブロックに移植します。温度の管理には注意します。
第一花房の花が咲く直前くらいが定植の適期になります。
堆肥と元肥をすき込んで、よく土となじませて定植します。
温度管理としては、日中27度、夜は最低8度は保ちたいところです。
ある程度伸びてきたら支柱を立てて、わき芽かきをしながら誘因します。
ウイルス病は芽かき作業でひろがっていくので、
モザイク状の葉が出たり、縮み葉になったりした株は触れないようにして、
その日の最後に引き抜いて処分します。
摘心は、実を成らせたい最上段の花房のつぼみが見えたら、
その上に本葉2枚を残して早めに行います。
ホルモン処理は、各花房の2花、3花が咲いたころにやります。
濃度は説明書に従って適正にします。
処理回数は花房ごとに1回ずつとして、散布が重複しないようにします。
そのほか追肥、水やり、敷きわらなどの作業もたいせつです。
収穫は、よく色づいてからします

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でのミントの育て方

引っ越しと同時にずっと興味のあった家庭菜園作りを始めました。 それほど大きなスペースが取れなかったので、 まずはハーブからと、ミント、バジルやローズマリーなど 手軽に始められるハーブを植えました。 中 …

no image

庭の一角を家庭菜園にして小松菜栽培と失敗体験

マンションの1階に住んでいます。 専用庭があるのですがすべて芝生なのももったいないので 一角を畑にして家庭菜園にしていました。 当時は葉物のお値段が張るころでしたので、 ほうれん草や小松菜を育てたいと …

no image

育てやすい小松菜|早取り品種がおすすめ

春が種のまき時になっている野菜や花はとてもたくさんあります。 この季節、自宅の庭やベランダにプランターを置いて何か植えてみませんか。 野菜を作りたい人におすすめなのが、小松菜です。 ホームセンター等に …

no image

家庭菜園は種の選び方から

私の家庭でも、消費税増税対策として、 本格的に家庭菜園で野菜つくりを始めようと、 昨年から準備を始めました。 以前も葉物野菜を作っていたのですが、 害虫駆除がうまくいかず、ほとんど食べられてしまった経 …

no image

家庭菜園での心配事

野菜などを植える場合には、堆肥や化成肥料などを入れてから 少しまってから何でも植えるのが基本だということがあります。 しかし、私は家庭菜園でもせっかちなので植えるその日に 化成肥料などですぐに植えてい …