初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園でアーティチョークを栽培しました

投稿日:

ある春の日、夫がアーティチョークの苗を買ってきました。
近くのホームセンターに行ったら、園芸コーナーでこんな珍しいものが
売っていたのでつい買ったというのです。
ハーブの苗「アーティチョーク 9cmポット」

ハーブの苗「アーティチョーク 9cmポット」

スポンサーリンク

アーティチョークといえば、私たちはイタリアへ行くとよく食べていたお気に入りの野菜ですが、
日本ではスーパーでもあまり見かけることがありません。
買ったのも一度ぐらいで、育て方などもちろん全くわかりません。
とりあえず栽培方法をいろいろ調べてみました。
品種はグリーングローブというもので、名前の通り緑色のアーティチョークです。
畑で育てると、2年目からは一株で100個近くできたと書いてる方もいてびっくり。
ずいぶん大きくなる野菜なので、地植えにするのが良いのでしょうが、
我が家にはそんなスペースがないので、大きな植木鉢を買ってきて、
野菜用の培養土と油粕を入れて植えつけました。
はじめはあまり良い状態ではなく、何枚か出てる葉が次々萎れてきたのですが、
思い切っていたんでる葉を全てとると、新しい元気な葉が出てきました。
そこからは順調で、あれよあれよいう間にかなり大きく育ちました。
葉っぱが大きくなりゆさゆさしてます。
大きいと思って買った植木鉢も窮屈にみえてきたほどです。
そうこうしてるうちにつぼみができてきました。
アーティチョークはこの部分を食べますから大感激です。
つぼみは、その後少しずつ大きくなり、6月に入ると、
そろそろ食べてもいいかなという大きさになりましたが、
厳密にどのぐらいの状態が食べ頃なのかよくわかりません。
遅すぎると開花してしまいますから食べられませんし、
かなり迷って収穫し、丸茹でして食べました。
一つですから少しだけでしたが美味しかったです。
収穫後はどうしたらよいのか、調べてみてもわからなかったので放っておいたら、
刈り取った茎が段々黒ずんできたので、その茎を根元から切りました。
その後全く変化がない状態が長く続き、もうダメなのか心配したのですが、
夏の終わりになると、その茎の根本から、3つのおできのようなものが現れました。
結局これが成長し、自然に株別れして三株ほどになりました。
一冬越して、今もその状態ですから、
今年は三つ収穫できるのではないかと楽しみにしています。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園初心者におすすめなサヤエンドウ栽培

今年は家庭菜園を始めてみようかなと思っている方も多いと思います。 野菜作りは土作りから始めなければならないとか、 肥料をあげなければいけないとか、初めての方は考えてしまうと思います。 せっかく家庭菜園 …

no image

家庭菜園でのナス栽培しています

「親の意見とナスビの花は、万に一つの無駄がない」、  又、「ナスの葉は座布団にせよ」、「ナス紺色」などと、 ナスに関する諺があるほどで、ナスは日本人に愛されている野菜です。 ナスの料理にしても万能とも …

no image

食育に役立っているキュウリ栽培

我が家では毎年、きゅうりを植えています。 育てるのが楽だということと、収穫量が多い事が動機ではあるのですが、 毎年食べきれない位の本数が実ってくれています。 子ども達にとっては、日に日に育っていくのが …

no image

ベビーリーフミックスの育て方

初心者が育てやすいベビーリーフミックスの栽培法を書いてみます。 ベビーリーフミックスとは、その名の通り、若い葉のミックスで、 小松菜やからし菜、野沢菜、ルッコラ、水菜、中国紹菜などを集めたものです。 …

no image

娘と一緒に家庭菜園のミニトマト栽培で食育体験

私には3歳になる娘がいます。 離乳食のころは野菜が大好きでしたが、 普通の食事になってから野菜を食べようとせずにいました。 無理やり食べさせると野菜嫌いになってしまうと思い、 家庭菜園をすることにしま …

カテゴリー

最近のコメント